プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっぽんおり連続講座 朝鮮学校の歴史と現在

Category : ニュース
アニョハシムニカ(^^♪

今回は学習会のお知らせです。

2011年に結成された「朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋」(愛称・こっぽんおり)で
朝鮮学校についての学習会が開催されます!

現状のについて、しっかりとした認識をもつために重要な学習会だと思います!

奮ってご参加を☆彡

○こっぽんおりのブログもぜひご覧くださいね。

こっぽんおりブログ http://blog.goo.ne.jp/kopponori


こっぽんおり連続講座 朝鮮学校の歴史と現在
第一回 連続講座の開始にあたって
概論-朝鮮学校の前史から現在

    
講演 水野直樹さん
    日時 2012年5月21日(月)午後6時30分開始
    会場 NPO法人きずな事務所


●連続講座へのお誘い
 
昨年11月23日、これまでの朝鮮学校を支える会・京滋の取り組みを引き継ぎ、新たに朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋(愛称・こっぽんおり)が結成されました。高校無償化制度からの朝鮮学校の排除などに示されているように、朝鮮学校と民族教育はとても厳しい事態に直面しています。

ふりかえってみれば、戦後の朝鮮学校の歴史はいくつもの苦難の時代をくぐってきました。
そして、そのたびにオモニやアボジたち、朝鮮学校の先生方をはじめとした無数の在日の努力によって、民族教育の灯火が守りぬかれてきました。また、このような努力を支援する日本人の取り組みも、とても不十分なものではあっても積み重ねられてきました。

 いまが厳しい時代であるからこそ、私たちは戦後の朝鮮学校の歴史と現在についてしっかりと学び、そのなかから民族教育とは何か、その発展のための現在の課題は何か、そして日本社会を真の多民族共生社会へと変革していくために何が求められているのかなど、ともに考えていきたいと思います。

連続講座の第一回は、水野直樹さんに概論として、朝鮮学校の前史から現在までの歴史についてお話していただきます。

第二回からは、朝鮮学校の創設、阪神教育闘争と朝鮮戦争下の弾圧など、時代を区切りながら現在に至る歴史を学んでいきたいと思います。ぜひ、ご参加下さい。

埼玉朝鮮学園への教育補助金支出凍結撤回を求める署名

Category : ニュース
アニョハシムニカ!

全国で自治体による朝鮮学校への補助金カットの動きが広がっています。
こうした腹立たしい状況に対し、様々な抗議の声があがっていますが、今回は埼玉県の署名活動をご紹介します!

住んでいる街が違っても、こうした状況にはともに声をあげ、
連携していきましょう!!


以下、署名呼び掛け文より

埼玉県は1982年4月から30年に渡り埼玉朝鮮学園に教育補助金を支給してきましたが、
2010年度/2011年度と予算化したにもかかわらず、突然支給を保留、凍結しました。
朝鮮学園は県学事課の指導のもと、教育内容や運営に至る詳細な問題に誠意を持って対応してきました。

上田知事は朝鮮学校での教育内容を「県独自の抜き打ち視察で検証する」と述べ、4度実施、また運営については、県の要求に沿って経営健全化計画書を提出しましたが、「今後の状況を見極める」と支給を拒んでいます。

いま、朝鮮学校と国際政治を無理に結びつける動きが各地で起きています。
「高校無償化」制度において朝鮮高校だけが除外されたままとなっており、宮城県では東日本大震災で被災した東北朝鮮学園への補助金を打ち切り、生徒数が多い東京都や大阪府では予算計上さえも見送られています。
     
日本は、「子どもの権利条約」に加盟しており、子どもの人権を、学ぶ権利を、生きる権利を擁護しなければなりません。 1997年12月議会で全国に先駆けて「子どもの権利条約を推進する決議」を全会一致で採択した埼玉県も当然条件を遵守すべきです。

埼玉県は朝鮮学校と生徒への不当な差別を止め、
教育補助金凍結措置を速やかに撤回するよう強く求めます。

署名用紙はこちらからダウンロードしてください。


署名用紙 http://db.tt/E69jN5Rx
チラシ  http://db.tt/03jBdqqZ
dl.dropbox.com


上田知事に抗議の声もおくりましょう!

〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂 3-15-1

知事への提言 a2840-02@pref.saitama.lg.jp
知事秘書課 a2030@pref.saitama.lg.jp 電話 048-830-2035 FAX048-824-3422
学事課 a2550@pref.saitama.lg.jp
電話 048-830-2562 FAX048-830-4735

「東日本大震災 東北朝鮮学校の記録2011.3.15-3.20」

Category : ニュース
上映会のお知らせです!!

多くの方に足を運んでいただけたらと思います!


転載・転送大歓迎!!


「東日本大震災 東北朝鮮学校の記録2011.3.15-3.20」
(コマプレス制作 40分短縮版 山形映画祭2011参加作67分版を短縮)
連続上映と講演


5月26日(土) 午後1時開場 1時半開演 

講演 朴思柔(パクサユ)さん

場所 西成市民館(☎06-6633-7200 大阪市西成区萩之茶屋2-9-1)〔四つ橋線「花園町」7分、堺筋線「動物園前」7分、環状線「新今宮」7分、南海本線「萩之茶屋」3分、西成署ウラ 「わかくさ保育園」の隣〕

主催:1%の底力で朝鮮学校の民族教育を支える会

大阪市西成区天下茶屋東2-9-16  (090-4640-7638 伊関 )


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月27日(日) 

場所:大淀コミュニティセンター
(大阪市営地下鉄堺筋線、谷町線天神橋筋6丁目駅 11号出口北へ8分)

第1部 : 上映開始(2時~3時過ぎ)

第2部 : パクサユさんによる講演(上映終了~4時)

第3部 : 感想会(5時終了)

参加費:学生500円 大人1000円(場所代、カンパ)

主催:東アジアユースキャンプ a-ql2@live.jp (東アジアユースキャンプ代表 山橋 茜)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月11日、東北地方を襲った大震災、津波、そして福島原発の崩壊。
 宮城県の東北朝鮮初中級学校も校舎は全壊し、撤去を余儀なくされる被害を受けました。
震災直後の困難な状況の中で奮闘した朝鮮学校の記録映像です。朝鮮学校の先生達は全国の在日朝鮮人同胞から送られてくるたくさんの支援物資にはほとんど手をつけることもなく、それを同胞や日本の避難所に献身的に届ける毎日でした。

福島の朝鮮学校の生徒を全員受け入れた新潟朝鮮学校の記録映像もあります。
この映画を撮影したパクサユさんは、震災直後、在日朝鮮人の安否確認と物資を届けることが目的で被災地に入りました。最初はカメラを回す気などなかったのですが、朝鮮学校には給水車も回ってこない、被災地には在日朝鮮人は存在しないかのような状況を知り、学校の許可を得て回し始めたといいます。
この映像の一部は韓国でもニュースで流れました。そして、そのさなかに朝鮮学校への補助を打ち切った宮城県。東北の復興で語られる「絆」とは何なのか?その中身を考えさせられる記録映像です。

高校授業料無償化で朝鮮高級学校だけを除外し続ける民主党政権。朝鮮学校への補助を打ち切った大阪府、大阪市。在日の人たちも日本人と同じように税金を納めています。日本人子弟には小中高の生徒一人あたり年間100万円の税金を支出していながら、在日子弟の民族教育には一円も税金を出さないという。
 偏狭な民族排外主義がバッコするなか、在日の人達との「絆」をどう作り上げていくのか、考える機会になればと思います。  


(転載内容おわり)      
          

2012年度 同志社大学「日朝関係史講座」

Category : ニュース
お久しぶりのブログ更新です。

既知の方も多いかと思いますが、今年も同志社で「日朝関係史講座」が始まりました☆彡

なんと、今年で24年目とのこと!伝統ある講座です!

日朝関係を考えるうえで、重要なテーマが詰まっています。

ぜひ、興味のある方にお知らせいただき、ご参加くださいませ。



(以下、転送歓迎)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


1989年に開講した「日朝関係史講座」ですが、今年も5月11日(金)より開講いたします。

今年の「日朝関係史講座」は、「日朝関係、何が問題か」をテーマに、今改めて日朝関係の問題点を抽出し、真の友好関係の道筋を模索したいと思います。

本講座が日本と朝鮮半島の友好関係を構築する上で、一つの契機になれば幸いです。

皆様、是非ご参加下さい。

(学生だけでなく、一般の方でもどなたでもご参加いただけます。また、参加費は無料です。)

詳細は、下記をご参照下さい。

=======================

日本と朝鮮半島の友好を願う


2012年度 同志社大学 日朝関係史講座

=======================

◇総合テーマ◇ 日朝関係、何が問題か
●日  時:5月11日より毎週金曜日 18時25分~19時55分

●場  所:同志社大学今出川キャンパス 至誠館(S)1番教室(※昨年と場所が変わりました)
      ※アクセス:地下鉄「今出川」駅から徒歩1分、京阪「出町柳」駅から徒歩15分
       http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_access.html

●参加費・資格:無料、一切なし(どなたでも結構です)

◆主 催 同志社大学KOREA文化研究会

◆連絡先 choubunken@yahoo.co.jp 担当/李京旻(リ・キョンミン)



<前期日程>

5/11 開講:日朝関係をどのように見るのか
    講師:朴鐘鳴氏(本講座顧問、渡来遺跡研究会代表)

★特別企画「ロス暴動20周年記念」上映会・講演会

5/18 映画「ロス暴動の真実」上映
    講師:高賛侑氏(ノンフィクション作家)

5/25 ロス暴動の真実を超えて
    講師:高賛侑氏(ノンフィクション作家)

★緊急企画「朝鮮学校と日本社会~何が問題か~」

6/1 朝鮮学校をめぐり今何が起きているのか
   講師:金東鶴氏(同胞法律・生活センター)

6/8 「朝鮮学校『無償化』排除問題」、何が問題か
   講師:鄭栄桓氏(明治学院大学専任講師)

★歴史から紐解く日朝関係

6/15 日本が朝鮮支配に至るまで
    講師:仲尾宏氏(京都造形芸術大学客員教授)

6/22 植民地支配とは如何なるものだったのか
    講師:水野直樹氏(京都大学教員)

6/29 「「尹奉吉の闘い」から植民地支配を考える」
    講師:鄭祐宗氏(大阪大学大学院博士後期過程)

7/6 植民地主義という観点から日朝関係を問う
   講師:吉澤文寿氏(新潟国際情報大学教員)


<後期日程>

★現代日本の排外主義

10/5 右傾化する日本社会~この20年、何が起こったのか~
    講師:未定

10/12 日本のヘイトクライムについて
     講師:上瀧浩子氏(弁護士、「朝鮮学校に対する嫌がらせ事件裁判」弁護団、
     「在特会らによる朝鮮学校に対する襲撃事件裁判を支援する会」代表世話人)

10/19 現代日本の排外主義とメディアの「役割」
    講師:森類臣氏(立命館大学コリア研究センター専任研究員)

★「日朝平壌宣言」10周年を迎えて

10/26 朝鮮民主主義人民共和国の今~訪朝報告~(仮)
    講師:未定

11/2 日本の対「北朝鮮」政策をどう見るか
    講師:庵逧由香氏(立命館大学文学部教員)

11/9 日朝国交正常化と過去清算
    講師:太田修氏(同志社大学教員)

★日朝友好のあり方~「和解」のために~

11/16 「和解」と植民地支配責任
    講師:板垣竜太氏(同志社大学教員)

11/30 朝鮮半島情勢と日朝関係の展望
    講師:康宗憲氏(韓国問題研究所代表)


12/7 閉講:和解と友好
    講師:朴鐘鳴氏(本講座顧問、渡来遺跡研究会代表)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第11回ミーティング報告

Category : 日々の活動
どーも、ふじっこです。

今日はあいにくの雨ですが・・・

ようやくあったかくなってきましたね!
遅くなりましたが、3月7日行われた第11回ケパリの会ミーティングの報告です
場所は四条河原町の喫茶店「timepiece cafe」で、メンバー7名が参加し、

①京都朝鮮第三初級学校オモニ会参加者の報告
②ベルマーク活動の位置づけについての話し合い
③年間行事についての話し合い
④京都の朝鮮学校を扱った報告書の学習会
を行いました。


①京都朝鮮第三初級学校オモニ会参加者の報告
3月3日、京都朝鮮第三初級学校のオモニ会にケパリの会のメンバーが3名参加してきました。

この日ベルマークも渡してきたそうで、合計して1020点ほどあったそうです。
大量にベルマークを寄付してくださった方々もいてくださり、なんとか1000点を越えることができました。

また、ベルマークの寄付以外にも、オモニ会が学校を支えるために行っているキムチの販売活動にも協力しています。


②ベルマーク活動の位置づけについての話し合い
ベルマークを集めてそれを寄付するという運動は、すごく地味なものですが、ちゃんとした形をもち、また支援の輪が大きくなることによって寄付の規模も大きくなると思います。

このベルマーク運動をもっと大きくしていくために、趣旨文をつくることになりました。出来上がった趣旨文に関しては、後日ブログに載せますので、よろしくおねがいします

③年間行事
この活動をやっていると、
その時その時で動かなければならない問題というのがでてくるのですが、
ケパリの会としての年間の活動の軸、つまりは定期的なイベントを決めておきたい、ということから、年間行事の話が持ち上がりました。

今のところ、他団体との交流会、上映会、フィールドワークが案としてあがっています。また今後議論していきたいと思います。


④2008年度社会調査実習報告書「朝鮮学校の社会的学的研究‐京都朝鮮第三初級学校を中心に‐」(同志社大学社会学部社会学科編)

京都の朝鮮学校の歴史や現状について扱った報告書(上記)の学習会を行いました。

今回は調査の目的とか、どういう調査をしたかとか、
報告書の序章(板垣竜太氏執筆)を担当の方に発表してもらいました。

目次を見ると、本当に内容が濃い。

まず、この研究は、京都朝鮮第三初級学校を事例にして、

「朝鮮学校がどのような人々によって担われ、支えられているのか、そこに子どもを送るということはどういうことなのかについて、その生活の実態にまで入り込みながら明らかにすること」

を目的に行われたもので、研究の視点として「アンペイドワーク(unpaid work)」や「ジェンダー」の観点がとりこまれています。

※アンペイドワーク:「賃金ををともなわない諸活動。ボランティアや家事、地域活動なども含む広い概念」

朝鮮学校は、日本政府からの支援が一切なく、
地方自治体からの支援も公立・私立学校に比べてきわめて少ない。
(東京都や大阪府のように不支給のところもあるくらいだ。)

それら制度的保障の薄さから、朝鮮学校は、様々な人々(教員、保護者、卒業生など)の、様々な仕方(財政・経済的負担のほかに、収益事業や諸作業に係る労働)によって、支えられている。支えざるを得ない状況にあります。

板垣氏は、朝鮮学校に初めて行った人が、「アットホームな雰囲気」や「一体感」を感じるのは、このような「日本での民族教育をめぐる構造が要請するものでもある」と述べています。

たしかに、わたしが通っていた日本の公立学校に比べ、学校と保護者、児童の距離が、とても近いように感じました。

民族教育をめぐる構造的問題が、実際にどのような形で問題として現れるのかを、学校現場だけではなくて、「生活の次元」も含めてとらえているところも、本研究の特徴となっています。

イントロが長くなりました。

この報告書で学んだことは、順次報告していく予定です。
興味を持った方は、ぜひ一度読んでみてください。


今回の報告は以上です☆
次回をおたのしみにー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。