FC2ブログ

プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トトリ通信と愛知の集会について

Category : ニュース
ケパリの会のことを知人に説明すると「風のうわさ」できいてるよ~。と言われることが増えてきました。

その「風のうわさ」はどこからどこへ吹いているのでしょう?笑

賛否両論あると思いますが、
小さくても確実な一歩を踏み出せるよう頑張りますのでよろしくお願いしますm(__)m


前々回は、ハッチョルが2連続でがっちょりした記事を書いてくれました。
彼の雰囲気が伝わってくる記事でしたね笑

さて、今回は夏バテ気味でも元気いっぱいなヨンリナが紹介記事を書きます。

愛知で朝鮮学校のために様々な活動をしてらっしゃるウリハッキョサポートネットメンバーズUSMを皆さんご存知でしょうか?
ウリハッキョのサポートを通して朝鮮学校に通う生徒たちの学びの環境づくりに寄与するとともに、日本人と朝鮮人の友好ネットワークを広げる活動をされていらっしゃいます。

学校の様子など色々なことをブログでアップされています↓

USM;http://usm-aichi.blogspot.com/

そのUSMさんにひょんなことから、“朝鮮学校にも差別なく高校無償化を求めるネットワーク愛知”の会報、
トトリ通信」なるものをいただきました☆
なんと、この会報誌は、USMの皆さんが編集作業をおこなってらっしゃるのです。
(トトリは朝鮮語で「どんぐり」のこと♪)


以下は↓いただいた記念すべき創刊号であります。
あんまりキレイな写真ではなくすみませんm(__)m

2011071916450000.jpg

創刊号の内容は…
・無償化ネットの愛知の事務局長である山本かほり氏(愛知県立大学准教授)による
「会報発刊にあたって・・・」のメッセージ
・無償化の訴訟に関わる弁護士さんによる「朝鮮学校生徒排除の違法性」
・USMメンバーによる「朝鮮高校無償化問題とは??~法的・歴史的観点から~」
・朝鮮高級学校生のメッセージ
・オモニのこえ 
など…がっちょりとした内容が、コンパクトにおさまっております☆

朝鮮学校や「無償化」問題に関するわかりやすい解説はもちろん、
現役高校生や子どもたちをウリハッキョに通わせているオモニたちの言葉を読むことができる貴重な会報誌です。

ぜひ、興味のある方は、朝鮮高校無償化ネット愛知にお問い合わせくださいませ~m(__)m


さて、その朝鮮高校無償化ネット愛知が24日に「無償化」適用のための集会を行いますよ!
現状をみんなで認識しあい、そこから決起することが集会の意味なのだと思います!!

各地で声をあげまくりましょう!


************************************************************

民主党政権の大きな政策のひとつ、いわゆる「高校無償化法」の適用から朝鮮高校だけが排除されて1年以上が過ぎています。全ての人が高校で学ぶ権利を保障し、各種学校認可をうけたインターナショナルスクール、外国人学校の生徒もこの制度に含むという意味では、民主党の画期的な政策だったはずです。それなのに、朝鮮高校だけは、北朝鮮との外交上の理由、また昨年11月下旬におきた朝鮮半島における南北の軍事衝突を理由に排除されています。さらに東京、大阪、埼玉、宮城などの都府県では、朝鮮学校(小中学校も含む)への補助金を次々と打ち切るなど、この問題の波紋は大変大きなものです。
 愛知朝鮮高級学校の関係者たちは「このまま泣き寝入りはできない!」と訴訟の検討をはじめ、その準備をはじめました。朝鮮高校無償化ネット愛知でも、政府がこんなに堂々と朝鮮学校を差別することを黙って見ているわけにはいきません。私たちは、事態に抗するため、そして朝鮮高校側の訴訟決意を支えるために、集会を開催することにしました。
 集会では、現状をみなさんで共有し、その後、朝鮮学校の当事者たち(朝高生、学父母、先生)と朝鮮高校無償化ネット愛知をまじえたパネルディスカッションを予定しています。かれらの訴えに耳を傾け、日本社会の構成員である私たちが、この問題の解決にむけて何ができるか、共に考える機会にしたいと思います。

【朝鮮高校にも差別なく無償化適用を求める7.24集会】

日時:2011年7月24日(日)
    13:30開場 14:00開会 17:00終了予定

場所:千種区役所2階講堂
    名古屋市営地下鉄 池下駅2番出口すぐ
    (名古屋市千種区覚王山通8-37)
    ※駐車場はありません。できる限り公共の交通機関でお越しください。

資料代:500円

主な内容:(詳細はただいま検討中!追って更新していきます)
  パフォーマンス
  朝鮮高校無償化ネット愛知の活動報告
  訴訟弁護団の結成と活動方針報告
  パネルディスカッション
  集会アピール採択
 ~その他、田中宏さん(一橋大学名誉教授・元愛知県立大学教授)からの発言、
  韓国や日本国内からの熱い連帯のメッセージが届くことになっています。

主催:朝鮮高校無償化ネット愛知
スポンサーサイト

非公開コメント

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。