FC2ブログ

プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝鮮高級学校を無償化制度から排除する意見書の可決を許さない緊急集会

Category : ニュース
高校授業料「無償化」制度から朝鮮学校の排除が継続され、
いくつかの自治体では補助金さえ打ち切られようとするなか、
滋賀県議会において、12日(火)に、朝鮮学校に無償化を適用するな
という意見書が自民党県議団から委員会提出されました。

内容は、
---
朝鮮学校の教育は「歴史教育」「民族教育」とはいえず「思想教育」で、
日本社会や国際社会との軋轢を生み出し、人権侵害の疑いがある。
---
という、朝鮮学校についてちょっとでも知っている人ならびっくりしてしまう内容のものです。
(全文は下記に掲載してあります。ご参考になさってください。)

自民党県議団は今春の選挙で単独過半数を占めたので強行・可決の見通しです。
(昨年12月議会に提出して否決されたものを少し手直しして再提出しているようです。)


それを阻止するべく、緊急行動・集会が開催されます。

京都・滋賀にお知り合いがいらっしゃいましたら、ぜひとも、お知らせください!
よろしくお願いいたします。

以下、詳細です!

★★朝鮮高級学校を無償化制度から排除する意見書の可決を許さない★★
★★      緊急行動&緊急集会in滋賀の呼びかけ       ★★


滋賀県議会の6月議会で、単独過半数を占める自民党県議会議員団が、
朝鮮高級学校を無償化制度の対象から除外することを求める意見書を提出し
ています。これを阻止するための緊急行動(議会傍聴)と、緊急集会への
ご参加を呼びかけます。

●県議会傍聴
7月19日(火) 9時30分 滋賀県庁前 噴水 集合
          地図 http://p.tl/jtpb
  
 本会議開催 10時~12時(予定) 傍聴席は県庁4階
          無償化の討論は早めの時間帯に審議される見通し。
  
 ※傍聴席には限りがあります。早めにお集まりください。
    横断幕やプラカードを持っての入場はできません。
    議員に民意を伝えるためにも、傍聴席を埋めたいと思います。

●緊急集会
7月19日(火)  12時~ 滋賀県教育会館 2階 中会議室
           地図 http://p.tl/lR6X
   県庁から徒歩3分ほどのところです。
   
☆教職員組合・朝鮮学校オモニ・滋賀朝鮮学校校長先生からの発言、
    議会報告、全国情勢の報告、連帯アピールなどを予定しています。
   
※朝鮮学校支援者以外の参加はお断りする場合がありますので、ご了承ください。

主催:朝鮮学校を支える会・京滋
   TEL 075-771-5418  FAX 075-752-1055

サロン吉田山
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn
民族学校を考える
http://www5d.biglobe.ne.jp/~mingakko
===================================================================

【参考資料】
朝鮮高級学校を高校授業料無償化制度の対象にすることに関する意見書(案)

 朝鮮高級学校を高校授業料無償化制度の対象とするかについて、昨年11月5日、高木文部科学大臣は、「個々の具体的内容については基準としない」とする「検討会議」の結論をほぼ踏襲した「審査基準」を正式に発表した。これにより、外形的な基準が整えば、朝鮮高級学校が高校無償化制度の対象となる可能性が極めて高くなった。
 しかし、政府は、昨年11月23日に発生した北朝鮮による韓国の延坪島砲撃事件を受けて、この事件が国際社会に及ぼす影響を勘案し、当該無償化制度の審査手続きを一旦停止しており、今後も慎重な対応が求められるところである。
 そもそも、朝鮮高級学校では、特に歴史教育において、金日成・金正日に対する徹底した個人崇拝のもと、客観的な事実に基づく朝鮮の歴史ではなく、「金日成・金正日の家系史」が教育されており、到底「歴史教育」あるいは「民族教育」と呼べる内容ではない。
 さらには、「朝鮮戦争は米国、韓国が引き起こした」、「大韓航空機爆破事件は韓国のでっち上げ」、拉致問題についても「日本当局が極大化した」などの、虚為、ねつ造の歴史が教育されている。このような教育内容は、朝鮮高級学校に通う子供たちに対して、日本社会や国際社会に対する軋轢を生みだすものであり、独裁体制を支えるための「思想教育」として人権侵害の疑いさえある。
 このように、教育内容について数多くの問題点が指摘されているが、政府案では指定の前に教育内容を判断することはできず、指定に際しての「留意事項」の履行として改善を促すことになる。しかし、留意事項の履行状況の確認ついても、必要と認めるときに報告を求めるにとどまり、原則的には朝鮮学校に自主的な改善を促すのみなので、真に教育内容の是正が図られるかは保証されていない。
 よって、国会および政府におかれては、朝鮮高級学校を高校授業料無償化制度の対象とするかどうか判断するに際しては、こうした適正な是正を審査の条件とし、朝鮮高級学校がその条件を受け入れない場合、公金を投入して無償化制度の対象とされないよう強く求める。

 以上、地方自治法第99条の規定に意見書を提出する。
   平成23年7月 日
                滋賀県議会議長  家  森  茂  樹
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
総務大臣
文部科学大臣    あて

=====
スポンサーサイト

非公開コメント

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。