プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回ミーティング報告「塵も積もって小山となる、小山が積もって大山となるのだ」

Category : 日々の活動

ども、はっちょるです。
2月の4日に行なったミーティングの議事録を担当することになったので、ざっくりと報告致します。ざっくりとか言って結局ガッツリになっちゃうかもしれませんが、そこはご愛嬌ってことでねっ。

 さてさて、今回のミーティングですが、参加者は5人で、キャンパスプラザ京都に併設されてるカフェ(「kenya」とかいったっけかな?)で行いました。同日午後からのシンポジウムの前にやっちゃおうってことで時間にユトリを持って集合したはずなんですが、何が何やらで終わったのはシンポジウム開始直前というお決まりのパターン。でも提起されてた議題については大体話をまとめられたのでよかったなと。
ではでは、ミーティングのレジュメに沿って具体的な内容をまとめていきまっさ。

◇ ベルマーク活動
 3月にまとめて学校側にお渡しする予定で、現在なんと約950点分まで集まったそうな。さらにインクカートリッジ分も併せると目標の1000点超え!…でやっと1000円になるんだとか。でも、塵も積もれば小山くらいにはなったんじゃないかなと勝手に思ってます。小山が積もればいつか大山になるでしょうってことで、引き続きコツコツやりましょう。どーせ小山しか作れないからって何もしないのはおかしいですもんね。
 で、このベルマーク集めの活動なんですが、ケパリの会のメンバー間で、自分たちの活動の目的とその中でのベルマーク活動の位置付けを共有というか確認しといた方がいいんじゃないかという話になりました。会の名前で公に発表するんだから曖昧なことは言えないよね、と。
 今年のベルマーク活動についてはまた改めてブログで報告されると思います。

◇ ブログ記事
 書評書いてくれる人、いつでも絶賛募集中です。書くことになっている人、投稿を絶賛待機中です。
 書評について、朝鮮学校関連のものについてじゃないとダメなのかという話が出ていたので、参加者で意見交換しました。その結果、本のジャンルなどは特に指定せず、ただし、その書評が朝鮮学校について考えるうえでどういう意味があるのかを、各々が前置きしてはどうかという案でまとまりました。ダイレクトに朝鮮学校を扱ってる文献も多くないですし(ほんとはめちゃめちゃあるんだろうけど)、逆に、直接的には朝鮮学校に触れられていなくても朝鮮学校や民族教育を考えるうえで押さえておくべき文献もたくさんあるはずなので。
何はともあれ、このブログの端っこにある本棚をどんどん埋めていきましょう。

◇ ケパリの会の今後について
メンバーそれぞれの本分もあってなかなか頻繁に集まれず、なんだかんだと場当たり的な活動が多くなってしまうケパリの会。小さくてもいいから何か堅実な活動ができないかということで、1年とは言わないまでも半年くらいを見通して行事などを計画できないかという話も出ました。
 案として、花見から上映会などが挙がりましたが、まだ具体的な話には入れませんでした。いきなり大々的なものは厳しくても、身の回りにいる知ってる人たちをちょっとでも巻き込めるようなものを企画しようという方向性では一致したので、これも含めてメンバー全体で詰めていきたいですね。

とまあ、今回のミーティングはざっとこんな感じでした。なんでこれだけの議題に2時間以上もかかったんだろう。まあミーティングってそんなもんか。
次回はまず時間を守ることから始めようっと。


はっちょる
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。