プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校「無償化」と自治体助成の拡充をもとめる集会のお知らせ(京都・大阪・兵庫)

Category : ニュース
京都・大阪・兵庫で開催される集会のお知らせです。

ぜひご参加ください!!

■朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋[愛称:こっぽんおり(意味:蕾、前途ある若者)]結成記念集会   
 ~もう待てない! 高校無償化 朝鮮学校への自治体助成の拡充を!~



 京都と滋賀には朝鮮学校が5校あり、現在512人の子どもたちが学んでいます。
朝鮮学校の教育は、日本に住む朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や歴史・文化を学び、日本社会のなかで「チョソンサラム(朝鮮人)」としての誇りをもって生きていくための場として欠かせないものです。

 朝鮮学校の民族教育に対して、いくつかの地方自治体は不十分ながらも助成金を支給してきましたが、国は一切の助成を認めないどころか在日朝鮮人による民族教育の権利を否定しつづけてきました。この数年では、高校無償化制度からの朝高生の排除や、特定の政治目的を理由に朝鮮学校への助成金を中止・削減する地方自治体が出る
など、朝鮮学校で学ぶ子どもたちの教育を受ける権利が著しく侵害されています。
 
そんななか、2009年末には、外国人排斥を煽る集団が京都朝鮮第一初級学校に対してレイシズム(人種差別、民族差別)をむき出しにした過激な侮辱的言動をぶつける事件を起こしています。この一連の出来事を許してきた日本社会の現状を変えていかないといけません。

朝鮮学校が声を上げたり闘ったりしなくても当然の権利が保障される社会をつくらないといけません。
 そのためにも、朝鮮学校や在日コリアンの民族教育をもっとよく理解するとともに、支援運動の輪を広げていきたいと思います。朝鮮学校を支える会・京滋の活動と経験を引き継ぎ、さらに民族教育を発展させていく基盤をつくるために、こっぽんおりの結成を通じて、幅広い分野で息の長い信頼関係を築いていきたいと思います。


日 時:2月29日(水)18:30~
場 所:キャンパスプラザ京都 第4講義室 http://p.tl/DAsf
参加費:500円

<内容>

・京都朝鮮第三初級学校ドキュメンタリー映像・「ハッキョへの坂」朗読会inソウル報告

・朝鮮高校無償化を求める文科省要請行動報告・滋賀の教育現場と地域の取組みから

報告

・朝鮮学校オモニの訴え・朝鮮高級学校無償化を求める連絡会大阪アピール
・韓国で広がる朝鮮学校支援の動き・「こっぽんおり」結成報告

主 催:朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋 mezasu_hakkyo_k★yahoo.co.jp

メール送信の際は★を@に変えてください。

賛同人募集中! ご登録がまだの方、よろしくお願いします。




※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※‥※




■子どもたちの笑顔と夢を奪わないで!「朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪」結成集会


日 時:3月1日(木)18:00開場、18:30~

場 所:阿倍野区民センター大ホール(大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-118)
    06-4398-9877

参加費:500円(資料代)

呼びかけ:「朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪(準)」
      06-6360-0550 
      kt★osakakorea.net
      大阪市北区西天満3-14-16 たんぽぽ総合法律事務所内 

呼びかけ人:伊地知紀子(大阪市立大学)・宇野田尚哉(大阪大学)・丹羽雅雄(弁護士)・藤永壯(大阪産業大学)
以上の趣旨に賛同してくださる団体、または個人は以下の連絡先までご一報ください。

 kt★osakakorea.net ※件名を「3・1集会賛同」でお送りください。


また、団体名(個人名の場合は名前とできれば肩書き)を明記の上、公表可否についてお知らせください。
コメントを添えて送ってくださると有り難いです。例えば、「紙媒体だけで公表可」、「紙とネット両方公表可」、「ネットは不可」等。
 
(紙媒体としては、集会案内チラシへの順次追加と当日資料に記載させていただきます。)

→続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。