プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月さるくびとシネマ

Category : ニュース
上映会のお知らせです!

(最近、イベントの宣伝ばっかりになっております…(=_=))



ものすっごい勢いで毎月映画上映会を実施されているさるくびとシネマさん!

2月の上映会もかなり気になる映画がいっぱいです!


朝鮮関係では、
「沖縄のハルモニ~証言・従軍慰安婦」(1979年)
「女と孤児と虎」(2010年)
の上映が行われます。

そのほかにも、ジェンダー、セクシャリティや労働問題、移民問題などに関連した映画が満載です。

興味のあるかたは、チェックしてみてくださいね☆彡


さるくびとシネマ
http://http://amenic2011.cocolog-nifty.com/

twitterアカウント 
https://twitter.com/#!/amenic_film


************************************************************

【日 時】2012年2月3日(金)ー6日(月)
【会 場】京都市東山いきいき市民活動センター 二階集会室
【参加費】1本・1200円(予約1000円)
     トーク・講演のみの参加は500円。
     「女と孤児と虎」は500円。

(複数割引)当日・事前予約とも割引あり
      予約1本・1000円  
        2本・1800円
        3本・2400円
        4本・2800円
        通し・3000円
      当日1本・1200円
        2本・2200円
        3本・3000円
        4本・3600円
        通し・4000円

【上映作品】

3日(金)19:15
5日(日)10:30
①「姉妹よ、まずかく疑うことを習え」(山上千恵子監督、2011)

戦前は伊藤野枝、平塚らいてう等を相手に「母性保護論争」「廃娼論争」を巻き起こし、戦後はGHQによって設置された労働省において初代労働省婦人少年局長(片山内閣)になり、新しい施策に果敢にに取り組むものの、時代が急旋回するなか、途中辞任に追い込まれた山川菊栄(1890‐1980)。
これは「女性はなぜ生きづらいのか」について考え続けた菊栄の戦前戦後の思想と活動をたどり、今を生きるわたしたちへに菊栄が残したメッセージを探る映画。

【映画のタイトルは1918年に発表された「男が決める女の問題」より】
「私たちはいつ私たち自身の魂を形成する権利を彼らの手に委ねたのか…私たちの若き姉妹よ、まずかく疑うことを習え」

★★5日日曜昼には映画の冒頭に映し出されるデモに参加し、発言をしている栗田隆子さん(女性と貧困ネットワーク)のトークがあります。
戦後、l菊栄が労働組合の婦人部(女性部)設立に果たした役割は小さくないけれど、それでは今の女性労働者たちの置かれている環境はよくなったのだろうか。栗田さんのトークと参加者の皆さんとの意見交流を行いたいと思います。


4日(土)11:30
5日(日)14:00
②「妻はフィリピーナ」(寺田靖範監督、1994、100分)

5日午後の上映終了後、菊地夏野さんによるレクチャーと会場意見交流を行います。

4日(土)10:30
5日(月)13:00
③「障害とセックスとビデオテープ」
(制作・ビヨンドメディアエデュケーション&エンパワード・フェフェス、2007、アメリカ、35分)
障害を持つシカゴの若い女性たちの当事者団体のメンバーが語るセクシュアリティ。

6日(月)18:00
④「In God’s House 」 (リナ・ホシノ監督。※日本語字幕付きは22分。原語のみ90分。‐‐年)
キリスト教の教会は、アジア系アメリカ人の性的少数者をどう扱ったか。
堀江有里さんトークと解説と会場意見交流あり。

4日(土)16:00・5日(月)15:30
⑤「沖縄のハルモニ~証言・従軍慰安婦」(山谷哲夫監督、1979)


3日(金)18:00・4日(土)14:00
⑥「ルッキング・フォー・フミコ」(栗原奈名子監督、1993、57分)

6日(月)14:00
⑦「女と孤児と虎」(ジェーン・ジン・カイスン監督、2010、74分)


【日別】※日付の横の時間帯は会場を利用できる時間帯

【3(金) 16:00-21:00】    
18:00-19:00 ⑥ルッキング・フォー・フミコ
19:15-20:35 ①姉妹よまずかく疑うことを習え


【4(土) 10:00-21:00】
10:30-③障害とセックスとビデオテープ
11:30-②妻はフィリピーナ
14:00-⑥ルッキング・フォー・フミコ
16:00-⑤沖縄のハルモニ
★18:00-小澤かおるさんの「被災地とセクシュアルマイノリティ」報告

【5(日) 10:00-17:00】
10:30-①姉妹よ、まずかく疑うことを習え
12:00-トーク+休憩)(栗田)
13:00-13:45 ③障害とセックスとビデオテープ
14:00-②妻はフィリピーナ
15:45-トーク+シェア(菊池

【6日(月) 12:00-21:00】
14:00-⑦女と孤児と虎 (500円)
15:30-⑤沖縄のハルモニ 
17:00-トーク
18:00-④イン・ゴッズ・ハウス
19:30ートーク+シェア(堀江)



【参加費(鑑賞料)・トークのある場合は込み】
(事前予約)1本1,000円(当日)1,200円
(複数割引)当日・事前予約とも割引あり
(短編割引)



娘が汗だくで藪をひらき ここらでひとやすみと
傷だらけの足を投げ出した小みちは
すっかり舗装され
ひとが歩くだけでは不公平とばかりに一直線に広がり
いつのまにか車両が疾走している 

自転車にのった満面の笑顔の娘たちがビュンビュン走り抜けていく
ありったけの自由を 呼吸するように身にまといながら

そして
少しだけ先を歩く女の背中に追い越しざまに声をなげる
「ねえ どうするの」
言うが早いか、次の瞬間 別世界にいる、笑顔の娘たち

   ねえ どうするの>どうするの…>どう…>…>
   問いかけがこだまする

空耳だったのか
笑顔の娘たちではなく 悲しみの娘たちの声だったのか

そうそう。
いま、娘の走り抜ける、
そのみちの下に埋まった昔むかしの娘たちの足跡を 
追いかけてでも伝えなくちゃと、少し歩を早める。

   ねえ ちょっと待ってよ 
   まだ そんなに急がなくてもいいでしょ
   


(2012立春◆さるくびとシネマ) 

ずっと観たかった映画が
きっと みつかります

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。