プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オレの心は負けてない」上映会@福島区民センター@11/26

Category : イベント報告
「オレの心は負けてない」の上映会に行って参りました。(→予告編動画)
映画の内容は、元「従軍慰安婦」である宋神道さんと、これまで宋さんの訴訟を支えてきた人々との出会いから、裁判で不当にも敗訴となるまでを描いたドキュメンタリ映画である。89歳になる宋さんとその支援者らは今なお、様々な形で闘いを続けている。

映画の中でも、また今日のトークライブでも宋さんはしきりに「戦争はやっちゃいかん。人が死ぬだけだ」と訴える。実際に、宋さんは戦地で銃弾の飛び交うなかを生きてきた。「慰安婦」として働くか、さもなければ死ぬかを選ばなければなかった。軍人や他の「慰安婦」のなかには自ら命を絶つものも多くいたそうだ。しかし宋さんは「死んだらおしまいや。生きていればなにかいいことがある」と、懸命に生きた。そんな宋さんの言う「戦争はやっちゃいかん」という言葉は非常に重い。

裁判の結果は敗訴となり、宋さんに対して補償があったわけでもなく、国から謝罪があったわけでもない。宋さんは「悔しい」と言った。映画をみている私も悔しい気持ちでいっぱいになった。でも、もしも裁判が終わったとき宋さんが得たものがあったとすれば、支援者らとの間に生まれた信頼ではないかと思う。人に騙され、人に差別され、人間不信となっていた宋さんが、支援者らと信頼関係をつくっていく過程は胸を熱くする。

裁判の結果や、今私たちの生きるこの不条理な世の中だけをみれば、絶望感で生きているのも嫌になるかも知れない。しかし、そんななかでも、宋さんの闘う姿勢は見るものに力を与えてくれる。89歳とは思えない力強い平和への訴えがあり、また、ときに陽気に見るものを笑わせ、歌いもする。宋さんは生きて闘いをやめないことを、人生をかけて教えてくれているように思った。宋さんの訴えに、いかに我々が答えていくのかが問われている。

ヨンイル
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。