プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンポジウム 震災と放射能汚染下の在日同胞の現状と課題を考える

Category : ニュース
アニョハシムニカ!

ブログの更新が停滞しております…。
が、コツコツ活動は続いておりますので、また近日中に色々アップしていきます(>_<)

こんな小さな会の本当に小さな活動に、メールを送ってくださった方などもいらっしゃって、本当にありがたい限りですm(__)m

コツコツ続けていきますので、よろしくお願いいたします。

今回は知人からいただいた東京で開催されるシンポジウムをご紹介します。


3.11の震災と原発事故後、「頑張れ!ニッポン」と声高に復興が叫ばれるなか、在日朝鮮人をはじめとして外国人がどのような状況におかれているのかについては、ほとんどメディアでは報道されていません。

現状を認識し、震災後の社会をどう生活していくのかを考えるうえで大変有意義な場になりそうです!


関東のシンポジウムですが、多くの方に知っていただき、足を運んでいただければと思います!

以下、詳細です!



~転送・転載 大歓迎~

私たち、〈震災と放射能汚染下の在日同胞の現状と課題を考える会〉は、
震災後の在日朝鮮人の被害、外国人に対する排外主義や復興における朝鮮学校への差別、助成金・無償化除外の問題を憂慮して、2011年4月に留学同卒業生や朝大研究院生、元朝鮮学校教員らの若手有志を中心として結成し、会合を重ねてきました。

この度、人権協会の協賛を得て、以下のシンポジウムを開催することになりました。

福島の朝鮮初中級学校でもそうであったように、いま、栃木をはじめとして関東の他の朝鮮学校が、
地方自治体による放射線測定・除染から外されている現状があります。
(埼玉などでは青年商工会やオモニ会の尽力により測定がなされています。)

当シンポジウムは、それらの問題を把握すると同時に、放射能の危険性について、
在日朝鮮人で放射線の専門家であられる、蔡晃植さんにお話いただき、
かつ現場で活動していらっしゃる東北の在日同胞や取材陣、
支援活動に携わる方々の声を聞き、今後の対策を練る場を設けたいと思います。

どうかみなさま、お誘い合せの上、ご参集ください。
多くの方々にご関心お寄せいただければ、と思います。

*また財政難のため、カンパも受け付けております。
ご賛同いただける方は、
sinsai.tonpo★gmail.com
までご連絡ください。(★は@に変えてください)




シンポジウム 震災と放射能汚染下の在日同胞の現状と課題を考える 

震災と原発事故によって私たちはさまざまな不安を抱えることになりました。・・・放射能はどのくらい危険なの?ウリハッキョは大丈夫?被ばくしないように何を気をつけたらいいの?・・・

当シンンポジウムは、震災によって被害をうけた人びとと放射能汚染のなかで生きる人びとに思いをはせ、今後より顕在化するであろう、放射能による健康被害や生活の途を見据えるため、共に考え議論する場としたいと思います。



✿ 日付―2011年12月4日(日曜日)

✿ 時間―13時―16時(12時半開場)

✿ 場所―早稲田奉仕園 日本キリスト教会館6ABC室(東西線 早稲田駅より徒歩5分、JR山手線・西武新宿線 高田馬場駅よりバスで10分)



〈プログラム〉

1.講演

「原発事故に伴う放射線物質による汚染と人体への影響」――蔡晃植(長浜バイオ大学教授、第一種放射線取扱主任者)

2.報告「被災した同胞たちについて」

「福島朝鮮初中級学校・学生たちの映像とメッセージ」――愼泰徹(福島朝鮮初中級学校教員)

「被災状況、放射能への不安と要望」――任寧淑(仙台オモニ会代表)

3.リレートーク

「取材を通して見えてきた被災者の姿」――李相英(朝鮮新報社)

「人権協会の支援活動と行政施策の問題」――金優綺(在日本朝鮮人人権協会)



〈講師紹介〉

蔡 晃植(チェ・ファンシク)

長浜バイオ大学教授。生物分子生理学者。第一種放射線取扱主任者

朝鮮大学理学部卒業。東京大学農学部農学博士

福島朝鮮初中級学校、茨城朝鮮初中高級学校、静岡朝鮮初中級学校などで放射線に関するセミナーを行った。



〈主催と協賛〉

主 催:震災と放射能汚染下の在日同胞の現状と課題を考える会

*2011年4月に留学生同盟、朝鮮大学校の卒業生や現役生の若手有志によって結成されました

協 賛: 在日本朝鮮人人権協会

連絡先:shinsai.tonpo@gmail.com
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。