プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベントの告知。

Category : ニュース
昨日に引き続き、ブログの更新です。
今日は、今週末から岡山市で開催されるイベントの告知をさせていただきます!

イベント名は、「朝鮮学校ダイアローグ」。

旧岡山朝鮮初中級学校を舞台に、現代アート展覧会、「在日の記憶」資料展示、シンポジウム、
ワークショップ、チャンゴ演奏会、映画上映会、カフェ・ダイアローグと盛りだくさんです。
最終日には、フットサル大会や、、焼肉パーティもあるそうです。

開催日時が迫っている点、申し訳ありませんが、興味がある方はぜひご参加下さい。

以下のHP(ブログ)から、チラシがダウンロードできます!!
http://dialogueokayama.blogspot.com/

どうぞよろしくお願いします(も)。

**************************************************

■朝鮮学校ダイアローグ
 ―もうひとつのジモトの「風景」と「記憶」のアートプロジェクト―

開催日時: 2011年8月27日(土)~2011年9月4日(日)10:00~17:00
開催場所: 旧岡山朝鮮初中級学校
所在地: 岡山市南区藤田608-3
お問合せ先: ダイアローグ岡山 TEL 090-3749-4327
アクセス: 国道30号線より大東交差点を右折[約30分]
駐車場: あり

主催: ダイアローグ岡山
共催: 岡山市芸術祭実行委員会・岡山市
助成: 芸術文化振興基金、 公益財団法人朝日新聞文化財団
http://www.artdialogue.jpn.org

 1974年、岡山市西古松にあった岡山朝鮮初中級学校が藤田に移転した。高度経
済成長期を経て新しく設立されたキャンパスには、岡山で生活基盤を築いた在日
コリアンたちの未来への夢が詰まっていた。その後、2000年に、より充実した環
境で教育をするために初・中級部を倉敷朝鮮初中級学校と統合され、今日に至る。
「朝鮮学校ダイアローグ」の舞台となる旧岡山朝鮮初中級学校は、現在、体育館
以外はキャンパスとしての役割を終え、幼稚園のみ運営されている。本アートプ
ロジェクトは、在日コリアンの若者、地域社会で様々な活動にとりくむ者、県内
外のアーティストや社会学者のダイアローグ=対話を通じて、もうひとつのジモ
トを表現する試みである。
 私たちにとって、ジモトとは何だろうか? 「兎追いしかの山♪」といった故郷
があるわけではない。都会でも田舎でもなく、郊外と呼ぶのもどこか味気ない。
だからふだん何気なく口にするジモトくらいがしっくりくる。しかし、どうやっ
てジモトという言葉に秘められた豊かさを語ることができるのだろうか。日本全
国、どの地方都市を訪れても、どこかで見たような風景が広がっている。そんな
均質な「風景」のなかで、生活する人びとの「記憶」までも均質化されることで、
私たちが口にするジモトという言葉が示す場所でさえ掴みどころがないものにな
りつつある。
 ジモトで生活しているのは、日本人のみではない。バックグラウンドや価値観
も実に多様な人々が、それぞれに異なったジモトの「風景」と「記憶」を育んで
いる。歴史に名を残さない、小さくて雑多だが、豊かな出来事や場面がジモトに
は埋もれている。朝鮮学校の「風景」や「記憶」をたどっていくと、高度経済成
長期の地域社会や在日コリアンたちのローカルな生の営みが浮かびあがってくる
とともに、植民地主義、東西冷戦といったグローバルな負の近代史がその背景と
して存在していることがわかる。それらのイメージの断片は決して閉ざされたも
のではなく、地域社会やこの広い世界で生活している他の人びととつながってい
る。このように考えてみることは、ふだんは語られることなのない、私たちが生
活しているジモトをめぐるオルタナティヴ=もうひとつの「風景」や「記憶」を
地域社会で育てていく契機となる。

【会期中スケジュール】

<8月27日- 9月4日10:00-17:00>
■現代美術展 
 出展作家: 岡田 毅志、川端 路子、清水 直人、ソン・ジュンナン、
       本田孝義、真部 剛一、宮ヶ迫ナンシー理紗、るんみ
 入場料/無料

<8月27日(土)>
■チャンゴ演奏   12:30-13:00
 朝鮮半島の伝統芸能チャンゴの演奏と踊り
 出演者:金 克典 (大韓民国重要無形文化財第3号、男寺党ノリ日本支部所属)

■[シンポジウム]ダイアローグⅠ 13:00-14:30 
  ―「もうひとつのジモト」をアートする―
  多様なバックグラウンドを持つ、作家個々人の経験や感覚から見た「ジモト」とは何なのか、
  自身が見てきた風景や記憶とは何だったのか。
  様々な「ジモト」を表現した作品が朝鮮学校といういわば特殊な場に持ち寄られ、
  ダイアローグが交わされるとき、まだ見ぬ「もうひとつのジモト」が立ち現れてくるだろう。
  パネリスト:出展アーティスト、川端 浩平 (京都大学GCOE研究員)、森末 治彦 (社会学者)

■「人と言葉、リズム」 15:00-16:30
  ラップ・ワークショップ
  1. 初めにラップの説明(歴史、実演、方法)
  2. 参加者各自のライム(詩)作成
  3. 参加者が作成した詩を繋ぎあわせて一つの曲を作成
 
  講師: フニ (ラップミュージシャン)
  2002年、ラップグループ「KP」として活動を開始。
  2006年、映画「GO」の舞台を全国公演に俳優として参加、舞台音楽も手がける。
  2010年1月、KPの5thアルバム「いくおとせいくん」をリリース。
  LIVE活動以外にも大学や、中学校でラップのワークショップなども実施している。 
  参加者募集中! 希望される方は事務局へお申込み下さい

<8月28日(日)>
■[シンポジウム]ダイアローグⅡ 11:00-12:30
 ―ふたつの学校のダイアローグ― 
 朝鮮学校と第二藤田小学校の子どもたちのあいだに交流が生まれた。
 両校の元校長先生を招いて交流の背景や当時の思いを語っていただく。
 パネリスト:佐藤 脩二(第二藤田小学校元校長)、李 義哲(岡山朝鮮初中級学校元校長)

■チャンゴ演奏  13:30-14:00

■[シンポジウム]ダイアローグⅢ 14:00-15:30
 ―越境するジモト ダイアローグ岡山は何を目指すべきか―
 私たちは、生き延びるためにフクシマから逃げることを考える。
 でも、フクシマがジモトだとしたら?
 私たちはニッポンから逃げられない。ニッポンがジモトだから?
 私たちはアジアから逃れられない。アジアがジモトだから?
 ともに生き延びるために、私たちそれぞれのジモト感覚の差異について
 「ダイアローグ=対話」を始めてみたい。
 それぞれに社会学的なフィールドワークや多文化共生の活動の当事者として
 考察を深めてきたパネリストたちとともに議論する。
 パネリスト:川端 浩平(京都大学GCOE研究員)、塩原 良和(慶應義塾大学法学部 准教授)、
 金 泰植(獨協大学、聖心女子大学 教員)、轡田 竜蔵(吉備国際大学社会学部准教授)、
 松田 葉子(元・日米タイムズ記者)他

<9月4日(日)>
■フットサル大会 10:00-12:00
 [参加希望の方は事務局へお申込み下さい(1チーム5名で参加)]

■焼き肉パーティー 12:30-14:00
 [参加費1500円(ドリンク代別)、参加希望の方は事務局へお申込み下さい]

以上です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。