プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滋賀県議会において朝鮮高級学校の高校授業料「無償化」排除の意見書可決

Category : ニュース
先日お知らせした、
滋賀県議会の「朝鮮高級学校の高校授業料無償化制度の対象から除外する意見書について」お報告します。

7月19日、滋賀県議会の閉会本会議にて、
朝鮮高級学校を無償化制度から排除する意見書が可決されてしまいました。

自民党議員団が提案した意見書に、自民25+みんな2+無所属1の28名が賛成、
公明2が退席棄権、民主県民ネット12+対話の会5が反対しました。

昨年度において、すでに以下の道府県↓
北海道・青森・新潟・富山・石川・福井・栃木・千葉・山梨・広島・岡山・香川・長崎・大分・熊本・鹿児島
で可決されており、今回の滋賀を含めると17の道府県で無償化排除の意見書が可決されたことになります。

議会の後に開催された緊急集会では
台風6号が接近し、暴風雨のなかにもかかわらず、意見書を可決させないために40名を超える人が議会を傍聴し、
憤りの声をあげ、一刻も早い「無償化」適用を訴えました。

IMG_9237.jpg
(写真提供:朝鮮学校を支える会・京滋)

朝鮮高級学校に通う生徒たちのオモニ・アボジの方々や滋賀朝鮮初級学校の校長先生、日本人の支援者等がそれぞれの思いを発言しました。こうした問題が起こるたびに日常業務を妨げられる保護者の方々、先生たちに負担が募る現状に苛立ちが募ります。

また、議会において意見書可決に反対の声をあげた民主県民ネットの大橋通信議員が駆けつけられ、エール交換を行いました!


今回の議会で可決された意見書の内容は、
朝鮮学校の教育内容は「歴史教育あるいは民族教育と呼べる内容ではない」
と断じ、朝鮮学校に通う子どもに対して、
「日本社会や国際社会に対するあつれきを生み出すもの」とすら述べています。
さらに、「独裁体制を支えるための思想教育として人権侵害の疑いさえある」というのです。

意見書の文面は他の16道府県でほぼ統一のものです。
(延平島事件や朝鮮総聯との関係を引き合いに出している意見書もあるそうです。)

これらの文面は朝鮮学校の現状とかけはなれており、これこそ人権侵害のなにものでもありません。

本会議を傍聴された方の報告によると、

議会では対話の会を代表して駒井千代議員から、
朝鮮学校の教育は子どもたちが4世・5世になるほど長い歴史を経ている、
人権尊重とは、自国文化の尊重とともに、他国・他民族の文化を尊重することである、
日本の法律上も各種学校として認可されている朝鮮学校には、当然無償化を適用すべき、
前年12月に否決された意見書を再度提出すること自体が信じがたい、という反対討論がなされましたが、
これに対する、賛成討論をした自民党の野田藤雄議員の発言は、
意見書の内容をなぞって読み上げたもので、到底討論と呼べるものではなかったそうです。


日本社会の民意が朝鮮高級学校への無償化適用を求めていることを伝えるため、
滋賀県議会事務局に対して、ぜひ議会決議への抗議の声をお届けください。

【滋賀県議会事務局】
TEL 077-528-4094  FAX 077-528-4940
メール gikai@pref.shiga.lg.jp


そして、嘉田滋賀県知事に対しては不当な議会決議に惑わされることなく、
朝鮮学校に無償化を適用すべきだと国政提案するよう声を寄せてください。

【知事への手紙(滋賀県広報課)】
URL http://p.tl/mztI
TEL 077-528-3046  FAX 077-528-4804
メール ab0001@pref.shiga.lg.jp


以下、7月19日の緊急集会での発言内容です。

----------------------------------------------------------------------
■緊急集会での発言要旨(県教組、オモニ、アボジ、交流団体、学校長)■
・06年に滋賀朝鮮初級学校に警察が不当捜査に入ったときのことを思い出した。
・04年国連子どもの権利委員会の討論を無視する行動に驚くばかり。
・標的にされるのはいつも朝鮮学校。
・これからの人生何も変わらないのではと不安になる。
・初めて傍聴席に座った。納税の義務を果たしているのになぜ。
・地元の日本人は快く署名してくれたのに、民意とかけ離れている。
・日本の政治に朝鮮学校を認めようとしない力が働いているとしか思えない。
・朝鮮大学校を卒業した子どもが夢を追ってがんばっている姿を見て欲しい。
・日本の小学校に通いながら朝鮮人であることでいじめを受けてきた。高校から朝鮮学校に通うようになり
 自分の無知を恥じた。子どもには同じ思いをして欲しくないという一心で朝鮮学校に通わせるという一大決心をした。
・居眠りしていた議員が決議のときだけ起きて賛成した姿に無性に腹が立った。
・無償化除外の他、教科書、地方参政権、夫婦別姓で、数の暴力が行われた。
・ハルモニから植民地下の辛酸な現実を聞いた。その状況が変わってないことに唖然とした。
 議員として選ばれた人には、人が生きてこられた歴史をもっとみつめて欲しい。
・これは人権侵害であり、民族差別だ。京都で排外主義を許さない闘いの輪が広がっている。
 裁判支援の動きもある。もっと広げていきたい。
・朝鮮人学生と日本人学生で署名を集めた。朝高生に勢いをもらった。
・日本国憲法の「名誉ある地位」は子どもの権利を守り抜いてこそのもの。
・在日朝鮮人問題とは日本人の問題だ。
・朝鮮学校に通っているだけで、4世・5世になっても弾圧の口実とされている。


■意見書■
朝鮮高級学校を高校授業料無償化制度の対象にすることに関する意見書

 朝鮮高級学校を高校授業料無償化制度の対象とするかについて、昨年11月
5日、高木文部科学大臣は、「個々の具体的内容については基準としない」と
する「検討会議」の結論をほぼ踏襲した「審査基準」を正式に発表した。これ
により、外形的な基準が整えば、朝鮮高級学校が高校無償化制度の対象となる
可能性が極めて高くなった。
 しかし、政府は、昨年11月23日に発生した北朝鮮による韓国の延坪島砲
撃事件を受けて、この事件が国際社会に及ぼす影響を勘案し、当該無償化制度
の審査手続きを一旦停止しており、今後も慎重な対応が求められるところであ
る。
 そもそも、朝鮮高級学校では、特に歴史教育において、金日成・金正日に対
する徹底した個人崇拝のもと、客観的な事実に基づく朝鮮の歴史ではなく、「
金日成・金正日の家系史」が教育されており、到底「歴史教育」あるいは「民
族教育」と呼べる内容ではない。
 さらには、「朝鮮戦争は米国、韓国が引き起こした」、「大韓航空機爆破事
件は韓国のでっち上げ」、拉致問題についても「日本当局が極大化した」など
の、虚為、ねつ造の歴史が教育されている。このような教育内容は、朝鮮高級
学校に通う子供たちに対して、日本社会や国際社会に対するあつれきを生みだ
すものであり、独裁体制を支えるための「思想教育」として人権侵害の疑いさ
えある。
 このように、教育内容について数多くの問題点が指摘されているが、政府案
では指定の前に教育内容を判断することはできず、指定に際しての「留意事項
」の履行として改善を促すことになる。しかし、留意事項の履行状況の確認に
ついても、必要と認めるときに報告を求めるにとどまり、原則的には朝鮮学校
に自主的な改善を促すのみなので、真に教育内容の是正が図られるかは保証さ
れていない。
 よって、国会および政府におかれては、朝鮮高級学校を高校授業料無償化制
度の対象とするかどうか判断するに際しては、こうした適正な是正を審査の条
件とし、朝鮮高級学校がその条件を受け入れない場合、公金を投入して無償化
制度の対象とされないよう強く求める。
 以上、地方自治法第99条の規定に意見書を提出する。
   平成23年7月19日
                      滋賀県議会議長  家森茂樹
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
総務大臣
文部科学大臣    あて
----------------------------------------------------------------------
以上です。

意見書が可決されようとしている都府県は滋賀県以外にもあります。

これらの問題の対応におわれているオモニ・アボジたち、学校の先生たちの負担も相当なものです!

こうした動きを監視して、阻止する声をあげていくためにいろんな人と連携をつくれたらと思います!!
こうした現状を多くの方に知っていただき、一緒に闘う輪を広げていきましょう!


また、今回の記事は、緊急行動&集会をいちはやく開催された「朝鮮学校を支える会・京滋」の方々の資料・報告内容を、許可をいただいて参考・掲載させていただきましたm(_ _)m
この場を借りてお礼申し上げます。


(よんりな)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。