プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【中大阪朝鮮初級学校】 東成同胞フォーラム

Category : 他地域の朝鮮学校
最近イベント情報ばかり更新しておりましたが、今回はイベント報告です!

さて、お気づきの方もおられらますが、ケパリの会は、朝鮮学校に関連するさまざまなイベントに参加して、行けなかった人や知らなった人にその内容をレポートする活動もしています。

イベントに参加して、ただ楽しんだり学んだりして終わるのではなく、
そこで感じたものを、深め、自分のものにしていくという作業をしながら
状況を改善させるために自ら次へとバトンを渡す者になっていきたいと思います。

朝鮮学校を取り囲む日本の状況が悪化しているからこそ、
そのなかで立ち上がり、声をあげていく人たちがたくさんいます。

その、気概と実践を多くの人に伝えるということを、ブログを通して少しでもできたらと思います。
色々拙い部分もあると思いますが、よろしくお願いしますm(__)m

今回ご報告するのは、6月19日に大阪で開催された東成同胞フォーラムについてです☆

そう!!今回は、京都をちょっくら飛び出して、大阪にいってきました☆

会場になったのは、中大阪朝鮮初級学校

地元の人間でもなく、地図を読んでも間違えるわたしは、
なかなか学校にたどりつくことができず、うろちょろうろちょろしていましたが、
遠くから聞こえる民族楽器の音に誘われ、なんとか無事つくことができました(・・;) よかった。

ついてみると、運動場にたっくさんの人!!
屋台なども出店されており、とてもにぎわっていました。

圧倒されつつも、受付の高校生たちの笑顔に迎えられ、会場のなかへ。

運動場の真ん中では、第一部の劇団タルオルムの「我が家のイヤギ」が開演されておりました。
わたしはあまり良い席につくことができず、セリフを聞き取ることができなかったので
詳細は書けませんが、在日朝鮮人にとって、分断の歴史とは家族を引き裂くものであったことを
改めてつきつけられ、感情を揺り動かされるものでした。

前のほうできいている人のなかには、涙を流されている方もおり、全部は聞き取れなかったけれど
本当に良い演劇だったのだと感じます。
次回の再演に期待大です!!


その劇が終わってしばらくすると、2部が始まりました。
夕闇に包まれて、暗くなった運動場。
校舎にかけられたスクリーンに映像が映りだされ、その下の舞台で演劇が行われました。


2011061919360000.jpg
↑なんだかとってもいい雰囲気。

1948年頃、「国語講習所」とよばれる小さな朝鮮語の学習所からはじまり、
全国各地に朝鮮学校が建設された時期から演劇ははじまります。

こどもたちに母国の言葉を学ばせたいという気持ちから、
在日朝鮮人の人たちは、学び場を建設するために自分たちの生活を削ることもしばしばでした。
1948年の朝鮮学校閉鎖令を受けた後、1960年代に入って再び、中大阪朝鮮初級学校は建設されます。

中大阪朝鮮初級学校の歴史には、
その地域社会で生きてきた在日朝鮮人の方々の歴史があり、
築き上げた人びとの関係があり、そこで朝鮮学校が果たしてきた役割もとても大きいものだったと
演劇や、東成地区のハルモニなどの証言から教えてもらうことができました。

2011061919530000.jpg
↑あ、ちょっとブレてしまってる…。


朝鮮学校の数だけ、そこにある物語もあるのだと、一様ではないのだと、
知ることができるフォーラムでした。

わたしが一番びっくりしたのは、
一人で歩くこともできない赤ちゃんからお年寄りまで本当に様々な世代の人びとが朝鮮学校の運動場に集まっていたこと。

朝鮮学校がなぜ大事なのか?
朝鮮学校に今まで触れることがなかった人たちには、なかなか伝わらないかもしれません。
わたしもまだ、わかりきってはないのだと思います。

けれど、朝鮮の解放後「ウリハッキョ(私たちの学校)」を生み出した1世たち、
そこで学び、受け継いだ人たちの思いを現代まで残しながら、それが今あり続けていること。

単純に民族の文化を学ぶ場所なだけはなく、
地域に生きる在日朝鮮人が集まり、言葉を交わし、次世代へと繋がりをつくっていくために
朝鮮学校はとても重要な場の一つであり、だから大事なのだと知ることができました。

本当によいイベントで、元気もらって帰りましたよ!!

フォーラムに携わった方、本当によい機会をコマッスミダ!


※朝青東大阪支部ブログでは、もっと詳細な記事を読めますよ!
ぜひチェックしてみてくださいね☆
http://chochonghigashiosaka.blog.fc2.com/

(よんりな)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。