プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月26日 吹奏楽部 第5回定期演奏会

Category : 京都朝鮮中高級学校
こんにちは、京都で働いてる山口と申します。

12月26日に山科であった『京都朝鮮中高級学校 吹奏楽部 第5回定期演奏会』に行ってきたので簡単な報告します。

山科の南、椥辻という地下鉄東西線の駅から歩くこと10分、
京都市東部文化会館で行われた演奏会には、学校関係者や家族を中心に数百名が集まっていました。

演目は1部と2部に分かれており、内容豊かな二時間半でした。

最後の曲は、
☆『ピチュルル イオ(意志を継いで)』。
「悲しい歴史によって生まれた在日コリアンは、植民地から100年、解放から65年が経った今も、不安定な存在としてこの世に生きています。異国の地で築き、守ってきたコリアンの歴史や言葉、民族性や同胞社会を、後世へ受け渡すのは私達の使命でもあります。血を絶やすことなく、先代の意志を継いで、その使命を全うしようという想いを込めて創りました。」(以上、パンフレットより抜粋)


高校生や中学生のあどけなさ、可愛らしさが伝わってくる雰囲気。
演奏中の真剣な眼差しからは、これまでの精一杯の練習の努力がうかがわれた。
研鑽と練達の結果としての表現は、見る人聴く人に感動を与えてくれた。

それとともに、生まれた使命を背負っていこうとする厳しい決意があった。
中高生には重いテーマのような気もする。

しかし「意志を継いで」、歴史を担おうと意志するとき、
そのひとは自分の人生の主人公となり、歴史の主人公になるにちがいない。


観客である日本人としての僕は、笑って親しむとき彼らと近くにいるようで、
厳しさを感じるとき彼らとずっと遠くにいるような気がした。

だが感動を与えてもらい、共感を行動→変革へとつなげていけるならば、
共に痛みを担おうとするならば、そこに一縷の希望があることを信じている。

 
とりあえず演奏が素晴らしかったので、しのごの言わず機会があれば是非行ってみてください~☆^^^
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。