プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/23 京都朝鮮中高級学校体育祭の見学に行ってきました!

Category : 京都の朝鮮学校レポート

2012年9月23日(日)、京都朝鮮中高級学校体育祭の見学に行ってきました!


当日の朝はあいにくの雨。
しかも土砂降りという状況でしたが、
9時ごろにはおさまり、開始時間を11時に遅らせて無事開催されました。

中高級1.2

聞くところによると、
朝、生徒や先生が頑張ってグラウンドの水をスポンジとかを使って排水したそうです。
ものすごいエネルギッシュ!体育祭への熱い想いを感じました。


短距離走やリレー、つなひき、騎馬戦、借り「者」競走、障害物競走、etc

子どもたち(時に保護者も含めて)の熱いバトルを見ていると、
運動会の楽しかった記憶を思い出して、なんだか無性に動かしたくなりましたが、
来場者参加型の競技が雨でなくなっちゃって参加できず。

無念なり!
来年は晴れるといいなぁ。


IMG_1890.jpgIMG_1847.jpg
IMG_1918.jpgIMG_1859.jpg


吹奏楽部の演奏も見事で、会場を盛り上げていました。
なんと生演奏。
しかも競技中ずっと演奏していたような気が
すごい技術だと思います。


IMG_1916.jpg

開催中、雨が降ってきて、あわや強制終了かという瞬間もありましたが、
すぐに止んで、地面がぐしゃぐしゃになりながらも、
なんとか閉会式にたどりつきました。


終わったあとも、
トロフィーを持った子が胴上げされたり、記念撮影したり。

みんな本当に楽しそうで、見ている方も元気になる、
中高級学校の体育祭は、そんな場所だったように感じます。


来年の体育祭も、またぜひ見に行きたいと思います!

中高級 閉会




スポンサーサイト

12月1日 京都朝鮮第二初級学校チャリティコンサート

Category : 京都朝鮮第二初級学校
 こんにちは!昨年12月1日(水)に「京都朝鮮第二初級学校チャリティコンサート」(於 京都市右京ふれあい文化会館)に参加してきました。ずいぶんと遅くなりましたが(申し訳ないです…)、その時の様子について報告します。
 
 コンサートは二部構成で、第一部は京都朝鮮第二初級学校児童による演目、第二部は韓国論山市で活躍するクンテゴウル芸術団(伝統音楽の市民芸術団)による演目でした。

 第一部は、サムルノリなど民族打楽器の合奏(「我らは統一農学隊」)にはじまり、器楽の重奏(「幸せを運ぶ荷馬車」、「たくさんの夢をかなえよう」)、童話舞踏(「集まれば大きな力!」)、低学年による合奏(「フルラリ」、「あの青い雲のように」)とつづき、最後は全校生一同により「ハナ」という曲が合唱されました。とくに最後の合唱では、「ひとつ(하나)」という曲名のとおり、低学年から高学年までが「一体」となったきれいな歌声を聴くことができました。

 IMG_0464_convert.jpg IMG_0457_convert.jpg
    クンテゴウル芸術団への花束贈呈式        こどもたちによる楽器演奏の様子

 つづく第二部では、クンテゴウル芸術団により、カヤグムやサムルノリなど民族楽器の演奏、古典舞踊(「入舞」)、女性独唱(「因縁」、「ペトゥイオラ」)、民謡メドレー等が披露され、「プロ」の技と思わせるパフォーマンス(天井高くまで楽器を投げたり、演奏しながら舞台全体を跳ねまわったりする団員の姿!)に驚かされました。ちなみに、当日の会場には「昨年聴いた演奏をもう一度聞きたい」と、京都市外から来た参加者の方もおられ、本芸術団の評判の高さをうかがい知ることができました。

 コンサート全体をとおして、第二初級学校の子どもたちの元気さ(初々しさ)とクンテゴウル芸術団の気迫(技術)がうまく融合しており、同時に二つの演目の醍醐味を味わうことができました!!

12月26日 吹奏楽部 第5回定期演奏会

Category : 京都朝鮮中高級学校
こんにちは、京都で働いてる山口と申します。

12月26日に山科であった『京都朝鮮中高級学校 吹奏楽部 第5回定期演奏会』に行ってきたので簡単な報告します。

山科の南、椥辻という地下鉄東西線の駅から歩くこと10分、
京都市東部文化会館で行われた演奏会には、学校関係者や家族を中心に数百名が集まっていました。

演目は1部と2部に分かれており、内容豊かな二時間半でした。

最後の曲は、
☆『ピチュルル イオ(意志を継いで)』。
「悲しい歴史によって生まれた在日コリアンは、植民地から100年、解放から65年が経った今も、不安定な存在としてこの世に生きています。異国の地で築き、守ってきたコリアンの歴史や言葉、民族性や同胞社会を、後世へ受け渡すのは私達の使命でもあります。血を絶やすことなく、先代の意志を継いで、その使命を全うしようという想いを込めて創りました。」(以上、パンフレットより抜粋)


高校生や中学生のあどけなさ、可愛らしさが伝わってくる雰囲気。
演奏中の真剣な眼差しからは、これまでの精一杯の練習の努力がうかがわれた。
研鑽と練達の結果としての表現は、見る人聴く人に感動を与えてくれた。

それとともに、生まれた使命を背負っていこうとする厳しい決意があった。
中高生には重いテーマのような気もする。

しかし「意志を継いで」、歴史を担おうと意志するとき、
そのひとは自分の人生の主人公となり、歴史の主人公になるにちがいない。


観客である日本人としての僕は、笑って親しむとき彼らと近くにいるようで、
厳しさを感じるとき彼らとずっと遠くにいるような気がした。

だが感動を与えてもらい、共感を行動→変革へとつなげていけるならば、
共に痛みを担おうとするならば、そこに一縷の希望があることを信じている。

 
とりあえず演奏が素晴らしかったので、しのごの言わず機会があれば是非行ってみてください~☆^^^

学芸会

Category : 京都の朝鮮学校レポート
2011年2月6日、
京都朝鮮第一初級学校にとって、第38回目の学芸会が京都会館で開催されました!!

普段の部活動や学年単位で歌や劇を練習してきた成果を発揮する学芸会。

子どもたちの可愛らしい歌声や演技、大人もびっくりするほどの巧みな演奏や舞踊に
直接知っている子がいないのにも関わらず、大興奮で最初から最後まで鑑賞させていただきました。


驚かされたのは会場のアットホームの雰囲気。

演目が終わるごとに、会場が温かい拍手に包まれ、「チョッター!!」(朝鮮語で、「いいぞ!」という意味)というかけ声が、客席から舞台にいる子どもたちへとなげかけらるんです。
保護者の方々や先生方などの朝鮮学校に関わる人と人の距離の近いことに気づかされました!

もちろん、すべての演目は朝鮮語でなされます♪

朝鮮の歌や昔話を題材とした劇、チャンゴなどの民族楽器、朝鮮舞踊。

披露される朝鮮の美しいメロディーやリズムは、伝統的であるけれども堅苦しくなく、
笑みがこぼれてしまうようなユーモアあふれる箇所も多々ありました。

朝鮮語、朝鮮の文化に包まれた空間に、
一瞬どこであるのか忘れそうにもなるくらい。

しかし、紛れもなく「日本」なんですよね。

かつての植民地支配のなかで朝鮮民族の土地を奪い、名前と言葉を奪った「日本」であり、
戦後65年経った今でも、いまだに民族名を名乗ることすら難しく、朝鮮人として生きにくい「日本」。

そうした苦難の歴史と厳しい環境のなかで、
朝鮮人が民族の言葉や文化を子どもたちに教えるために
多大な努力を払ってつくりあげた朝鮮学校を高校授業料「無償化」制度の適用から除外する「日本」。

幼い子どもたちが学んでいるに朝鮮学校に排外主義者が襲撃する「日本」。

そうした日本の現実を考えると、
子どもたちが等身大に朝鮮学校で学ぶことの誇りや祖国への思いを表現するシーンには、
思わず涙が出そうになりました…。

学芸会で一生懸命に演じる子どもたちの姿を見て、
こちら側がこうした現状を変えるために戦う勇気をもらってしまいました。

貴重な機会にご招待してくださった学校関係者の皆様!

本当にありがとうございましたm(__)m

京都朝鮮第一初級学校餅つき大会!

Category : 京都の朝鮮学校レポート
 当ブログ初の記事ですね!皆さんよろしくお願いします!
 今回は、昨年の12月15日に参加した、京都朝鮮第一初級学校の餅つき大会について報告したいと思います。

 この餅つき大会はこの朝鮮学校の年末には恒例らしく、参加者はみな手馴れた感じで作業してらっしゃいました。僕は今回、初めて参加することになったのですが、教員、父母などの関係者の方々に親しみを持って迎えていただいたため、とても楽に行事に入っていくことが出来ました。

 とはいっても、ここは以前、醜い人種主義者たちが白昼堂々と襲撃に入った場所。
親しみやすさの一方で、事件から一年以上経過したいまも、関係者が警戒心を持たざるを得ないようすも感じられました(二月十五日にはこの事件に関する裁判が京都地裁であります。
傍聴者が多いことで、裁判官に与える影響も大きく変わってくるようです。前回は席を埋めることは出来なかったので、今度はぜひウリハッキョ側の人間でいっぱいにしましょう)。

 肝心のお餅つきですが、正直お手伝いというよりは、手厚いおもてなしを受けるばっかりとなってしまいました。
 いつから有るかわからないという歴史ある石臼(!)でついたお餅を生徒たちと一緒にこね、食べたり、とん汁を振舞っていただいたりと本当に行事を満喫する感じとなりました。個人的にはある生徒にいじめられることもありましたが・・・笑

 餅つき 餅こね
       お餅つき。力が入ります            あんこ、きなこ、キムチも包んで!

 また、食後には学校の授業をのぞかせていただき、学校の普段の姿も見学することが出来て、本当にお世話になるばかりでした。

 さてさて、このように楽しい経験をしたのですが、ウリハッキョに横たわる現実は生半可なものではありません。この国の首都でははずかしいことに、ウリハッキョへの補助金を打ち切る見通しであるようですし、高級学校の無償化の決定はいつまでも保留されています。そして、ちまたでは恐ろしい差別的団体が平穏な民族教育を脅かしています。

 それはイコール、朝鮮人がこの日のような楽しい活動をすることすら、権利として認められていないことを意味しているといえるでしょう。このような、人間が当たり前に出来てしかるべきことをあらためて権利として主張することは、簡単なようで困難なことだとは思います。

 しかし、何もしないのでは始まりません。とくに、無償化問題のように長いこと事実に慣れさせられると、勢いもそがれがちです。一体誰がどういう状況に置かれ、不利益を受けているのか、しっかりと認識し主張できることが大切だと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。