プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回ミーティング報告

Category : 日々の活動
どーも、ふじっこです。

今日はあいにくの雨ですが・・・

ようやくあったかくなってきましたね!
遅くなりましたが、3月7日行われた第11回ケパリの会ミーティングの報告です
場所は四条河原町の喫茶店「timepiece cafe」で、メンバー7名が参加し、

①京都朝鮮第三初級学校オモニ会参加者の報告
②ベルマーク活動の位置づけについての話し合い
③年間行事についての話し合い
④京都の朝鮮学校を扱った報告書の学習会
を行いました。


①京都朝鮮第三初級学校オモニ会参加者の報告
3月3日、京都朝鮮第三初級学校のオモニ会にケパリの会のメンバーが3名参加してきました。

この日ベルマークも渡してきたそうで、合計して1020点ほどあったそうです。
大量にベルマークを寄付してくださった方々もいてくださり、なんとか1000点を越えることができました。

また、ベルマークの寄付以外にも、オモニ会が学校を支えるために行っているキムチの販売活動にも協力しています。


②ベルマーク活動の位置づけについての話し合い
ベルマークを集めてそれを寄付するという運動は、すごく地味なものですが、ちゃんとした形をもち、また支援の輪が大きくなることによって寄付の規模も大きくなると思います。

このベルマーク運動をもっと大きくしていくために、趣旨文をつくることになりました。出来上がった趣旨文に関しては、後日ブログに載せますので、よろしくおねがいします

③年間行事
この活動をやっていると、
その時その時で動かなければならない問題というのがでてくるのですが、
ケパリの会としての年間の活動の軸、つまりは定期的なイベントを決めておきたい、ということから、年間行事の話が持ち上がりました。

今のところ、他団体との交流会、上映会、フィールドワークが案としてあがっています。また今後議論していきたいと思います。


④2008年度社会調査実習報告書「朝鮮学校の社会的学的研究‐京都朝鮮第三初級学校を中心に‐」(同志社大学社会学部社会学科編)

京都の朝鮮学校の歴史や現状について扱った報告書(上記)の学習会を行いました。

今回は調査の目的とか、どういう調査をしたかとか、
報告書の序章(板垣竜太氏執筆)を担当の方に発表してもらいました。

目次を見ると、本当に内容が濃い。

まず、この研究は、京都朝鮮第三初級学校を事例にして、

「朝鮮学校がどのような人々によって担われ、支えられているのか、そこに子どもを送るということはどういうことなのかについて、その生活の実態にまで入り込みながら明らかにすること」

を目的に行われたもので、研究の視点として「アンペイドワーク(unpaid work)」や「ジェンダー」の観点がとりこまれています。

※アンペイドワーク:「賃金ををともなわない諸活動。ボランティアや家事、地域活動なども含む広い概念」

朝鮮学校は、日本政府からの支援が一切なく、
地方自治体からの支援も公立・私立学校に比べてきわめて少ない。
(東京都や大阪府のように不支給のところもあるくらいだ。)

それら制度的保障の薄さから、朝鮮学校は、様々な人々(教員、保護者、卒業生など)の、様々な仕方(財政・経済的負担のほかに、収益事業や諸作業に係る労働)によって、支えられている。支えざるを得ない状況にあります。

板垣氏は、朝鮮学校に初めて行った人が、「アットホームな雰囲気」や「一体感」を感じるのは、このような「日本での民族教育をめぐる構造が要請するものでもある」と述べています。

たしかに、わたしが通っていた日本の公立学校に比べ、学校と保護者、児童の距離が、とても近いように感じました。

民族教育をめぐる構造的問題が、実際にどのような形で問題として現れるのかを、学校現場だけではなくて、「生活の次元」も含めてとらえているところも、本研究の特徴となっています。

イントロが長くなりました。

この報告書で学んだことは、順次報告していく予定です。
興味を持った方は、ぜひ一度読んでみてください。


今回の報告は以上です☆
次回をおたのしみにー


スポンサーサイト

第10回ミーティング報告「塵も積もって小山となる、小山が積もって大山となるのだ」

Category : 日々の活動

ども、はっちょるです。
2月の4日に行なったミーティングの議事録を担当することになったので、ざっくりと報告致します。ざっくりとか言って結局ガッツリになっちゃうかもしれませんが、そこはご愛嬌ってことでねっ。

 さてさて、今回のミーティングですが、参加者は5人で、キャンパスプラザ京都に併設されてるカフェ(「kenya」とかいったっけかな?)で行いました。同日午後からのシンポジウムの前にやっちゃおうってことで時間にユトリを持って集合したはずなんですが、何が何やらで終わったのはシンポジウム開始直前というお決まりのパターン。でも提起されてた議題については大体話をまとめられたのでよかったなと。
ではでは、ミーティングのレジュメに沿って具体的な内容をまとめていきまっさ。

◇ ベルマーク活動
 3月にまとめて学校側にお渡しする予定で、現在なんと約950点分まで集まったそうな。さらにインクカートリッジ分も併せると目標の1000点超え!…でやっと1000円になるんだとか。でも、塵も積もれば小山くらいにはなったんじゃないかなと勝手に思ってます。小山が積もればいつか大山になるでしょうってことで、引き続きコツコツやりましょう。どーせ小山しか作れないからって何もしないのはおかしいですもんね。
 で、このベルマーク集めの活動なんですが、ケパリの会のメンバー間で、自分たちの活動の目的とその中でのベルマーク活動の位置付けを共有というか確認しといた方がいいんじゃないかという話になりました。会の名前で公に発表するんだから曖昧なことは言えないよね、と。
 今年のベルマーク活動についてはまた改めてブログで報告されると思います。

◇ ブログ記事
 書評書いてくれる人、いつでも絶賛募集中です。書くことになっている人、投稿を絶賛待機中です。
 書評について、朝鮮学校関連のものについてじゃないとダメなのかという話が出ていたので、参加者で意見交換しました。その結果、本のジャンルなどは特に指定せず、ただし、その書評が朝鮮学校について考えるうえでどういう意味があるのかを、各々が前置きしてはどうかという案でまとまりました。ダイレクトに朝鮮学校を扱ってる文献も多くないですし(ほんとはめちゃめちゃあるんだろうけど)、逆に、直接的には朝鮮学校に触れられていなくても朝鮮学校や民族教育を考えるうえで押さえておくべき文献もたくさんあるはずなので。
何はともあれ、このブログの端っこにある本棚をどんどん埋めていきましょう。

◇ ケパリの会の今後について
メンバーそれぞれの本分もあってなかなか頻繁に集まれず、なんだかんだと場当たり的な活動が多くなってしまうケパリの会。小さくてもいいから何か堅実な活動ができないかということで、1年とは言わないまでも半年くらいを見通して行事などを計画できないかという話も出ました。
 案として、花見から上映会などが挙がりましたが、まだ具体的な話には入れませんでした。いきなり大々的なものは厳しくても、身の回りにいる知ってる人たちをちょっとでも巻き込めるようなものを企画しようという方向性では一致したので、これも含めてメンバー全体で詰めていきたいですね。

とまあ、今回のミーティングはざっとこんな感じでした。なんでこれだけの議題に2時間以上もかかったんだろう。まあミーティングってそんなもんか。
次回はまず時間を守ることから始めようっと。


はっちょる

第7回ミーティング報告「呑み会でセクハラみちゃったら?」

Category : 日々の活動
3月になり、ようやく春めいてきました。

季節が冬から春へと移り変わろうとしているのに、夏に行われた第7回ミーティグのブログ報告をせんとしている自分の図太い神経にびっくりしますが、「やる」といったからには、時期がずれようともやらねばなりません( ̄Д ̄)ノ

ちしゅんが前回のミーティング報告で「このブログをもっと活用しよう!」という私たちの決意についてアップしてくれましたが、あれがその後どういう結果になったのか、ちょいちょいアップしていくことになると思います。

第7回ミーティングは、7月31日、大阪歴史博物館内の喫茶スペースで行われました。

実はこの日、同会場で日本軍「慰安婦」被害者 金学順さん証言から20年~「20年間の水曜日」日本語版出版を記念して~という集会が行われるため、参加するメンバーで話し合いの機会を設けたのでした。

今回参加したメンバーは、前回ミーティングとメンバーは少し入れ替わって、まっきー、チョンオ、よんりな(私)という3人組で行われました。

ケパリ活動の目的をメンバー感で再確認したり(会の結成趣旨文はあるものの、あまり具体的な活動目的は明示できてないかもしれません。今後、しっかり書けたらと思います。)、第6回での内容を具体化して、次回のミーティングにつなげられるように話し合いを行いました。

3人という少人数だったこともあり、それぞれの立場から日本社会で生きる日常生活でのしんどさ(もとい、日々の愚痴?)も吐き出したりしました。

今回のミーティングで一番印象に残ったのは、
「呑み会で、セクハラを見てしまったらどうするか??」
について話し合えたこと。

学生ならサークル等で、社会人なら職場の付き合いで、飲み会に参加する機会はたくさんあるのではないでしょうか?

お酒の席ではみんな解放的になりがち。
女性の体に触れたり、性的な発言を浴びせたりなどのセクハラ(セクシャルハラスメント)がとっても起こりやすくなるようです。

そんな現場に出くわした人は、実は決して少なくないのではないでしょうか?

制止しようにもその場の雰囲気にのみこまれて、見てみぬふりをしてしまったり、
あまりに慣習化されすぎて、被害にあった人自身が告発する機会や意志を失ってしまったり。

私自身、酒の席でそんな現場に出くわしてしまったのですが、どう対応するべきかわからなかったことが何度かあります。

ジョークに包まれた雰囲気。ちょっと抗議しながらも気丈に振舞う女性。
被害者-加害者というはっきりした構図ではなかったかもしれない。
けれども、女性が同意もなくボディータッチされて、それが公然と受け入れられているのは不快でしたし、明らかに問題だと感じました。


「女性自身が嫌じゃなかったのならいいじゃないか。」という声も聞こえてきそうですが、
そうした状況のなかで本音を言えるかどうかは怪しいですし、そうした女性に対する振る舞いがまかり通ってしまっていることがそもそも問題であるように思います。
女性に対して同意のないボディータッチや性的な発言を一方的に浴びせるという行為をしてもよいという考えは、
どこか女性を同等なものとして捉えていない風潮からくるのではないでしょうか。

今回のケパリの話し合いでは具体案として、
「まわりが察知して、止めること。一人でも多く察知できる人を増やすこと。被害にあっている女性側の告発に任せるのではなく男性が防止できるように率先して動いていこう。(勿論、男性が被害者にまわることもあるので女性も注意しなければなりません。)」ということが呈示されました。

一人でも多く、セクハラを察知でき、防止できる人々を増やすには、セクハラに繋がりやすい行動などについて学び、「何がセクハラなのか?」を明確化し、共有していくこと。

セクシャルハラスメントだけではなくて、日常には様々なハラスメントが潜んでいます。

現在では、様々なハラスメントを防止するための対策が大学や企業でも一般的に行われているみたいです。
それだけでは勿論簡単には解決できない問題ですが、セクハラ対策について書かれたプリント一枚配るだけでも、認識が違ってくるように思います。
ジョークのネタにもされやすく軽く扱われやすいセクハラですが、しっかり「暴力」であることを認識していかなければと思います。

ケパリの会でも一度改めてハラスメントについて学ぶ機会をつくれたらと企み中です。

社会問題の解決に取り組むんでいるからこそ、日常にいそむ暴力に敏感であらねばと感じますし、
大きくみえる社会問題も、日常の暴力を克服していくことが解決の一歩に繋がっていくのではないでしょうか?


あんたらのミーティング風景などどないでもええねん。という声も聞こえてきそうですが、
ケパリの会では、様々な背景をもつ人々とどうやって運動をつくっていこうか?
そのときにどんなプロセスをたどるべきか?

ってなことを、時には愚痴りあいになったり、時には大きく議題から脱線しながら笑、
話し合っている(はずな)のでそんな内容をメンバー以外の人にもちょっと覗いてもらえたらと思います(^^♪

次回のブログ更新は、ちょっととびまして第10回のミーティングから報告です。

もう少し具体的な活動内容…になるはず!

*******************************************************************************************************


このブログ記事では取り上げませんが、ミーティングの後に参加した集会【日本軍「慰安婦」被害者 金学順さん証言から20年~「20年間の水曜日」日本語版出版を記念して~】の様子が書かれた記事があるので以下に貼り付けさせていただきます。

・「慰安婦」決議に応え今こそ真の解決を 日本軍「慰安婦」被害者 金学順さん証言から20年 『20年間の水曜日』日本語版出版を記念して

出版された「20年間の水曜日」では、「慰安婦」問題についてわかりやすく丁寧に解説され、
20年もの間、水曜日に日本大使館前で日本政府に訴え続けた被害者の女性たちや運動を共に担ってきた人びとの手記が掲載されています。旧日本軍性奴隷問題だけではなく、ベトナムやウガンダの性暴力について言及があることも印象的です。



戦争も問題ですが、その中で繰り広げられる性問題は、この社会が平時にすでにつくっておいたものです」(p220)

今日のブログ記事を書いている最中、この本に書かれ↑の文章が何度か頭に浮かびました。

被害者たちの声を忘れないために、また日本政府から謝罪と賠償が行われるよう、
またこのような暴力を繰り返させないために、私たちが日常生活のなかでできることはたくさんありそうです。

この売上は『戦争と女性の人権博物館』の建設募金になるそうです。
購入したい方はぜひ注文してください!

↓このサイトから注文できます↓
http://www.tohoshuppan.co.jp/2011ho/11-08/s11-183-1.html"

最近、地元の書店の本棚に並んでいたのをみかけて嬉しくなりました(*^^)v
もっと広めていきましょう☆彡

マスコミ各社の「北朝鮮」報道に対する抗議文(賛同募集)

Category : 日々の活動

以前からもマスコミで朝鮮民主主義人民共和国への不当なバッシング報道が行われてきましたが、
12月17日に金正日総書記が逝去されたことをきっかけとして、侮蔑的かつ憶測めいた報道が飛び交い、
いたずらに危機を煽っています。


日本のマスコミの報道精神を疑うような腹立たしい状況に対して、
愛知で活動を展開されているUSM(ウリハッキョサポートメンバーズ)さんが、
マスコミ各社の「北朝鮮」報道に対する抗議文を作成し、賛同人を募集されています!

なんと、現在100人を超える賛同人が集まっているそうです!



声を挙げることの重要性を考え、ケパリの会も抗議文に賛同させていただきました。

記事の末尾に賛同した抗議文を転載させていただきます。

USMさんのブログでは賛同された方々・団体やそれぞれのメッセージが掲載されています。

報道の問題点を理解するうえで一助になると思いますので、ぜひご覧ください。

http://http://usm-aichi.blogspot.com/



朝鮮学校に対する理解の輪を広げていこうとはじまったケパリの会が結成して、
そろそろ1年になろうとしています。

決して良くなったとはいえない状況が続いていますが、
現状に対して怒り、行動しようとする多くの方々との出会いがありました。

こうした出会いを大切にしつつ、今年もあゆみをとめずに小さくとも活動を続けていこうと思います。

2012年もどうぞよろしくお願いいたします。


以下、抗議文。

********************


マスコミ 各社 御中


2011年12月19日に発表された朝鮮民主主義人民共和国の金正日総書記の逝去後、過熱するマスコミ各社の報道のあり方に強い憤りを表明します。


従来より、朝鮮民主主義人民共和国に関する報道では、好奇や蔑視の視線を隠すことなく、事実を無視もしくは憶測に基づきいたずらに危機をあおるような発言が繰り返され、そうした社会的雰囲気の中で、日本社会に生きる在日朝鮮人はさまざまな暴力にさらされてきました。


特に、朝鮮学校の生徒に対する暴力事件は、朝鮮半島における「事件」ごとに繰り返されてきたことを考えると、マスコミ各社はこうした自らの報道姿勢を省みる必要があります。
事実、現在日本のインターネット空間では、排外的な言説であふれています。そうした社会的空気感に便乗し、好奇や、差別・排除する対象としてのみ都合良く「北朝鮮」を持ち出すというマスコミ各社の態度に強い憤りを覚えます。


朝鮮学校関係者によると、金正日総書記の逝去後、中継アンテナをつんだ車が無断で朝鮮学校の敷地内に入り、さらに職員室にもおしかけ、ひどいところでは、朝鮮学校に通う子どもたち(小学生まで対象になったと聞いています)にまでマイクを向けたということも聞いています。わたしたちは、マスコミ各社のこうした暴挙を決して許すことはできません。


朝鮮学校の生徒、教員、保護者の方たちは、この2年近く朝鮮高校のみが高校無償化から排除されたという日本政府からのひどい差別に毅然と立ち上がり、何度も何度も日本社会に向けて、一日も早い無償化適用を訴えてきました。私たちはともに運動に参加してきましたが、このような真摯な訴えをマスコミ各社は十分に取り上げてきませんでした。しかし、朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者逝去という事態に乗じて、朝鮮学校生徒、関係者に何の配慮をすることもなく取材を行おうとする、その態度に強い憤りを感じます。 


本来、報道の使命とは、こうした異常な排外的状況に対し警鐘を鳴らすことではないでしょうか。わたしたちは、マスコミ各社に、自らがおかしたこの過ちを誠実に認め、各地の朝鮮学校に謝罪をすることを強く求めます。


マスコミ各社には、本来のジャーナリズムがもつ精神に立ち返り、決して一面的ではない隣国・朝鮮の姿を伝え、日本社会にこれ以上の排外主義が高まらないような報道を心がけていただきたいと願います。


2011年12月25日


USM(ウリハッキョサポートネットメンバーズ)

第6回ミーティング(7月25日)

Category : 日々の活動
アンニョンハシンニカー!!初投稿のちしゅんです。
大変時期はずれてしまいましたが、7月25日に行った第6回目のミーティングの報告をしたいと思います^^
今更感はありますが…遅くなって本当申し訳ないです…許してください…


第6回目ミーティングは、四条河原町にある「CafeCham」(http://www.cafecham.com/index2.html)で行われました。
隠れ家っぽい作りで、後ろではスライドで昔のアメリカ映画を流していて、とてもレトロな雰囲気漂うcafeでした。
時期的にメンバー各々が忙しいということもあり、参加者は寂しいことに3人でした;_;
しかし少人数ということもあり、またcafeのゆったりとした空間のおかげで、まったりゆっくりした良い雰囲気で進められました。


主な議題というと、ケパリ活動の再確認でした。
メンバーも増えてきて、活動基盤が少しずつ出来始めてきたものの、まだまだその形は小さいものです。なので今一度ケパリの活動について確認し合い、改めて具体的にどうやっていこうかと話し合いました。

まず始めに、イベントに参加する際には、一人でも多くの知人に声をかけ朝鮮学校を知る人の輪を広げていこう!となりました。イベントでもケパリ内だけで留まってしまうと、ケパリの意味がない!もっともっとメンバー一人ひとりが自身の周りを巻き込んで支援の輪を広げていこう!ということで、私もさっそく会社の先輩に声かけています。(ー∀ー)

そして、一番身近な発信源のこのブログをもっと活用しよう!ということが挙げられました。
イベントに参加しての感想や朝鮮学校についての本の紹介
ミーティングの状況報告、実際の朝鮮学校支援・イベントetc... ベルマーク・キムチ販売について
等々、ブログを介してケパリについて知ってもらおうとなりました。
また突発的ニュース、イベント告知等についてどんどん載せていこう!ということになりました。


その他にも、まだ先になるかもしれないけど、ケパリでも映画上映会をやろう!という話も出て、これからのケパリが楽しみになるミーティングとなりました。




う~ん…ざっくり(・∀・)




あまり伝わらなかったかもしれないですが、ケパリをどうしていこうかと、やりたいことを色々挙げていって地味に盛り上がったミーティングでした。


次回はもっと多くのメンバーが顔を揃えれたらと思います***



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。