プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オレの心は負けてない」上映会@福島区民センター@11/26

Category : イベント報告
「オレの心は負けてない」の上映会に行って参りました。(→予告編動画)
映画の内容は、元「従軍慰安婦」である宋神道さんと、これまで宋さんの訴訟を支えてきた人々との出会いから、裁判で不当にも敗訴となるまでを描いたドキュメンタリ映画である。89歳になる宋さんとその支援者らは今なお、様々な形で闘いを続けている。

映画の中でも、また今日のトークライブでも宋さんはしきりに「戦争はやっちゃいかん。人が死ぬだけだ」と訴える。実際に、宋さんは戦地で銃弾の飛び交うなかを生きてきた。「慰安婦」として働くか、さもなければ死ぬかを選ばなければなかった。軍人や他の「慰安婦」のなかには自ら命を絶つものも多くいたそうだ。しかし宋さんは「死んだらおしまいや。生きていればなにかいいことがある」と、懸命に生きた。そんな宋さんの言う「戦争はやっちゃいかん」という言葉は非常に重い。

裁判の結果は敗訴となり、宋さんに対して補償があったわけでもなく、国から謝罪があったわけでもない。宋さんは「悔しい」と言った。映画をみている私も悔しい気持ちでいっぱいになった。でも、もしも裁判が終わったとき宋さんが得たものがあったとすれば、支援者らとの間に生まれた信頼ではないかと思う。人に騙され、人に差別され、人間不信となっていた宋さんが、支援者らと信頼関係をつくっていく過程は胸を熱くする。

裁判の結果や、今私たちの生きるこの不条理な世の中だけをみれば、絶望感で生きているのも嫌になるかも知れない。しかし、そんななかでも、宋さんの闘う姿勢は見るものに力を与えてくれる。89歳とは思えない力強い平和への訴えがあり、また、ときに陽気に見るものを笑わせ、歌いもする。宋さんは生きて闘いをやめないことを、人生をかけて教えてくれているように思った。宋さんの訴えに、いかに我々が答えていくのかが問われている。

ヨンイル
スポンサーサイト

稲刈り@妙見口@9/23

Category : イベント報告
読者のみなさん

アンニョンハセヨ。坊主です。

9/23に稲刈りに行ってきた報告をいたしま-す。(写真→http://hatarakibito.at.webry.info/201109/article_6.html

参加したのは、平和の糧、総連西大阪支部、南大阪朝鮮学校、私、私の姉(急遽参加)でした。
南大阪朝鮮学校の生徒たちはとても元気で可愛かったです。
3年生は来年から部活が始まるということで、もう来年は来れないかもしれないとかゆうてました。

今回狩った稲は5/15に田植えを行ったときのものでした(田植え→http://hakkyo424.blog116.fc2.com/blog-entry-20.html)。
あの頃は緑で小さかった苗が、ギュンと成長し、黄金の絨毯のように力強く育っていました。
中腰の状態で右手に鎌をもって、左手で稲をギュッとつかんで、おりゃーっと狩っていくのはけっこう大変で、そら「機械化したくなるわ」としみじみと思いました。
米を収穫するまでには多くの時間と労力が必要なんだということを実感し、今まで以上に食べ物を大事にいただこうと思った次第です。

恒例の稲刈り後の焼肉のときに、主催者の方に稲刈りがどのようにはじまったのかを聞く機会がありました。
稲刈りは今年で15年目を迎えたそうです。
15年前、1996年頃は朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)で深刻な食糧難だったそうで、日本人に何かできないだろうかと考えたときに、所有していた田んぼでコメをつくってコメを贈ろうということになったそうです。
朝鮮は今でも慢性的な食糧難にあることが伝えられていますが、日本政府は支援するどころか、日本と朝鮮を唯一直接結ぶマンギョンボン号の入港を拒否し、日本から朝鮮に物資を送ることを難しくしています。
ということで、今回狩ったコメは朝鮮学校に送るそうです。

まとまらないですが、以上報告しました。
写真をみて楽しんでください。そして来年は実際に行って楽しんでください!!



東京へおでかけ① 南北コリアと日本のともだち展 in 立川

Category : イベント報告
更新が停滞しておりました!!

情報の渦に流されまいと必死に抵抗しているよんりなです。
(またお前か。と思ったみなさん。次回の記事は私以外がやるので、我慢しましょう)

毎日毎日くりかえしのようで、新しいことが起こっていく。消化不良のまま、日々は過ぎていく。自分が抱えられる情報は限られているけれども、それを手放すことは絶対にしてはいけない。思考停止だけはしたくない。と、自分を奮いたたせております。

そういうわけでして、今が8月の半ばを過ぎてしまった夏真っ盛りに(いや終わりかけ?)、6月のイベント報告をすることもはばからないわけです。

流れていく情報をつくりたいんじゃない!!日常のなかでふと立ち止まれるきっかけを作りたいんだ!!
(時事についていかないってことじゃなくて。。。)

を、モットーに記事の更新が遅れたことを恥ずかしがらず(恥ずかしがれ)、お届けしますm(__)m

◇◇=*==*==*==*==*=*==*=*==*==*=*==*=*==*=*===*==*=◇◇

6月23日。朝7時に新宿についた私。
その日、朝いちばんに行きたいところがありました。

それは!!立川で開催されていた南北コリアと日本のともだち展です!!

「南北コリアと日本のともだち展」は、大韓民国・朝鮮民主主義人民共和国・日本の日本人・在日朝鮮人の子どもたちの絵を、ひとつの会場に展示して、お互いの壁を乗り越える第一歩にしようという展示会なのです。
2001年から始まり、作品を貸し出して全国各地で巡回展を開催されています。

参考:「南北コリアと日本のともだち展」のHP  http://homepage2.nifty.com/2002/friends/

京都の展示会に参加したことがあったので、他地域の展示会にとっても興味があったので足を運んじゃいました(*^^)v

慣れない東京の地をふらふらと彷徨いまして、なんとか会場の女性総合センターアイムに到着。
展示会場につくと、なんとバルーンアートがお出迎え\(^o^)/

2011062310040000_20110818130034.jpg

この立川の展示会は、女性同盟西東京が企画されたものでした。

女性総合センター・アイムでは、登録団体で組まれた実行委員会の企画・運営によってフォーラムを開催されており、登録団体である女性同盟西東京も参加されていました(*^_^*)

フォーラムの企画の一部として、「南北コリアと日本のともだち展」が開催されていたのですね☆

2011062310030000.jpg
(会場の様子です↑)

「絵でしか会えない」

この展示会に初めて触れたとき、一緒にいた友人たちとそんなことを話したことがあります。

朝鮮半島は今なお38度線に軍事境界線が引かれ、分断状態が続いています。
人びとの自由な往来は禁止されたままです。

日本と朝鮮民主主義人民共和国(以下、共和国)の国交正常化はいまだになされておらず、毎日日本のメディアから流される「北朝鮮」バッシングに、溝はますます深まりつつあります。日本から共和国に入国することは可能ですが、共和国に暮らす人が日本に渡航することは許されていません。

近年ますます交流が活発になってきた日本と大韓民国も「韓流」という商業主義的な風潮のなかで、両者の歴史的な関係を振り返り、清算するような風潮はほとんどみられません。そうした反動が「嫌韓流」などを生み出しており、友好な関係が築かれているとは到底楽観視できない状況です。

在日朝鮮人は、南北の政治状況や日朝・日韓関係に左右されており、日本の排外的な風潮にさらされ続けています。

こうした背景を考えるとますます、日常の何気ない一コマや自身の夢を紹介するこどもたちの絵に胸が熱くさせられたりするのです。


今回は、京都では鑑賞することができなかった、最近描かれた絵にも出会うことができました。
厳しい社会ですが、確実に一歩は踏み込まれているのだと絵画を通して勇気をもらえました。

そんな「南北コリアとともだち展」各地を巡回しています。
現在のところ、12月に福岡で行われるようです。

⇒「南北コリアと福岡のともだち展」http://codomoart.exblog.jp/

ブログでは一つひとつの絵をご紹介することができないので、気になる方はぜひ足を運んでみてくださいね。
こどもたちの着眼点に驚かされますし、ふと書かれたメッセージに胸がふるえます。


「南北コリアと日本」のなかでそれぞれに翻弄されるわたしたちですが、それぞれが自分自身の立っている場所をしっかりみつめながら、不条理をつきつけてくる社会に「NO!」と言っていかなければならないと思いました。

何気ない日常のなかでそうした機会を提供してくださった、実行委員会の皆様に感謝です!


※女性同盟西東京ブログに会場の詳細が掲載されています↓

http://blogs.yahoo.co.jp/nyomeng60nisitk/37150038.html

会場では、立川の朝鮮学校と立川市内学童保育の児童の作品も展示されていました(*^_^*)


東京へおでかけ②へ続く・・・

報告「民族教育の過去、現在、未来を考える上映会~世代を越え守ってきたもの、守っていくもの~」

Category : イベント報告
前記事に引き続き、次は7月9日(土)に行われた上映会の報告です。

京都朝鮮第三初級学校オモニ会(母の会)主催、同志社大学KOREA文化研究会共催の下、同志社大学で2本の映像が上映されました。
1本目は『まとう』という朝鮮大学校出身の若手監督さんの初監督作品で、映画祭で受賞もしているのだとか。「北朝鮮」への視線が厳しくなって朝鮮高校の女子の制服であるチマチョゴリが切り裂かれる事件が多発する中で、そのチマチョゴリをめぐって繰り広げられる2人の女子高生の物語。
2本目は「劇団タルオルム」の演劇『金銀花永夜』(クムウナヨンヤ)をビデオに収めたもの。
休憩を挟んでの上映のみという潔いプログラムの上映会でした。

参加者がほぼハッキョのオモニたちで、動員20人弱というのが少し寂しかったです。どちらの作品も新しくあまり出回っていない代物だそうで、もっと多くの人が来れればよかったのにと感じました。

以下、それぞれの作品について感想をまとめます。


第1部『まとう』
日本の高校に通うトモミは、ひょんなことから朝鮮高校生のチエと出会い、友だちになる。文化祭のファッションショーで着たいからと、渋るチエからチマチョゴリを貸してもらったトモミだが、文化祭からの帰り道にチマチョゴリを着ていることで差別を受けてしまう。そんな危険な状況でもチマチョゴリをまとい続けるチエの気持ちをトモミは理解できずに…
個人的な感想としては、最後の結論が今イチよく分からなかったのですが、まあこれ以上は書かないでおきます。(笑)


第2部『金銀花永夜』(クムウナヨンヤ)
昨今の情勢の中で同胞社会からの風当たりさえも厳しくなっている朝鮮学校で、一人のベテラン先生を主人公に、彼女を取り巻く同僚や家族、そして子どもたちとの日々から、民族教育を担う最前線の現場での葛藤と信念が描かれる。
大阪のウリハッキョで実際にあった話が基になっているらしいのだが、これが下手な映画やドラマよりもずっといい物語で、途中には笑いあり涙ありで、長い演劇なのに全く飽きなかった。
酒に酔った校長が自らの葛藤を熱く語る言葉にはリアリティと迫力があり、歴史の生き証人である主人公をとおして、刻々と変わりゆく時代の儚さ/厳しさとその中での希望が見出され、信念に生きる者たちの思いがこれでもかというくらいにギュッと詰まっていて、見応え抜群だった。物語をとおして喜怒哀楽フル動員といった感じ。
学生時代のように理想ばかりを語ることもできずに社会という「現実」と格闘している人たちが観たら、きっと元気付けられるのではないかと思う。
ビデオでこれだけの迫力が伝わってくるのだから、流石プロの演者は違うなぁと感服した。機会があれば是非生で観てみたい一作である。


とまあこんな感じで、上映に終わらずオモニたちの思いを聞かせてくれるような企画もほしかったなぁとか少し思いながら、しかし『金銀花永夜』を観に行けただけでも価値のある一時でした。
みなさんももし機会があったら是非観てみて下さいな。


はっちょる

緊急企画 朝鮮学校が「日本社会」に問うもの

Category : イベント報告
ども。たった今ゴミかと思って拾った黒い糸くずが実は小さなウネウネした虫で、独り声を上げてテンパっているはっちょるです。
さて、「ケパリの会」に加えてもらったはいいものの、今のところキムチを取りに行くのを1回手伝っただけという“幽霊会員”な私ですが、この度朝鮮学校関連の二つのイベントについて報告する機会を与えられ、張り切ってのブログ初投稿と相成りました。

報告一つ目は、7月7日に京都大学にて開催された「緊急企画 朝鮮学校が『日本社会』に問うもの~朝鮮学校の高校『無償化』制度排除から浮かび上がる根源的問題点~」について。
二つ目は、長くなるのでこれは次の記事に書きますが、7月9日に同志社大学で行われた「民族教育の過去、現在、未来を考える上映会~世代を越え守ってきたもの、守っていくもの~」についてです。

写真を撮る癖がないもので、文字ばかりの色気ない報告となってしまいますがご了承下さい…。
写真持ってらっしゃる方は、「追記」などでアップして頂けると助かります。


では改めまして、
報告「緊急企画 朝鮮学校が『日本社会』に問うもの~朝鮮学校の高校『無償化』制度排除から浮かび上がる根源的問題点~」

七夕の夜に京都大学の一教室で催されたこの企画では、
・龍谷大学法科大学院教授の金尚均(きん・さんぎゅん)氏による「基調講演」
・京都民族教育対策委員会・紫松枝氏からの朝鮮学校についての「現状報告」
・在日朝鮮人、日本人の「学生によるリレートーク」
などなど、盛りだくさんでしかし重複するところのない、とてもボリュームあるプログラムが進められ、高校「無償化」制度からの朝鮮学校除外問題が長期化する中で、その不当性が改めて問い直されていた。

主催は、京都大学を中心とした在日朝鮮人大学・専門学校生のサークル、「コリアン学生の集い」で、平日ながら在日朝鮮人/日本人、学生/一般含めて50人ほどの参加者が集まっていた。(「ケパリの会」メンバーも多く参加していましたねっ。)
私も現役学生時に講演会の企画などしたコトがあるが、学内での企画で動員50人というのはかなり多いのではないだろうか。現役学生たちが様々な宣伝活動に力を注いだのだろうと思う。


金尚均氏の基調講演『在日朝鮮人の民族教育』は、実の子供たちを朝鮮学校に通わせる氏の思いから、法や権利にまつわる話、朝鮮学校の歴史、現代社会で「個人化」が排外主義、国家主義へと至りゆく社会的背景まで、非常に幅広く展開された。
法科大学院で教えているからか、他の集会などでは法律や法学をめぐる話が多いように思える金尚均氏だが、(もちろん法学的な話を求める依頼が多いのであろうが、)この日は言いたいコト、言うべきコトを遠慮なく思うがままに話してらっしゃるように見えた。特に冒頭部分で、日本学校出身者として子どもを朝鮮学校に通わせる思いを語り、民族教育の必要性を自身の経験も交えて説く言葉の一つ一つには、「無償化」問題に取り組む金尚均氏の熱い気持ちが詰まっているように感じられた。


紫松枝氏の「現状報告」もまた、現在の社会情勢に対する危機感と相まって、聞きながら強い逼迫感を覚えた。
全国に広がりつつある地方自治体の補助金打ち切りの流れや、震災後もロクに支援されていない東北の朝鮮学校の状況を危惧しつつ、「無償化」除外がそういった朝鮮学校差別の心理的根拠となってさらに状況を悪化させているという鋭い認識が示されていた。中でも、「無償化」問題は差別する/してきた側においても、もはや「お金の問題」に止まらず、「朝鮮学校を学校として認めるのかどうかという問題」にまで拡張しており、このまま朝鮮学校を「学校」として認めない空気が増長され続ければ、朝鮮学校がこれまで永い年月をかけて勝ち取ってきた権利全てが一瞬にして奪われかねないという指摘には、思わずゾッとした。私たちに求められている運動にかかっているものは、想像以上に大きいのかもしれない。


最後には、朴仁久氏(パンフママ)、吉田悠作、辛鐘建3人の学生によるリレートーク。
出身高校まで載せられた気合い十分のパンフレットに紹介されながら、
朴仁久(ぱく・いんぐ)氏は、自身が日本学校出身であることにも絡めて、出身校に拘らず「民族」としてこれらの問題に向かっていきたいという決意を、
吉田悠作くんは、実際に活動しながらも自分がどの立場からどう取り組めばいいのか分からないと迷い/悩みを吐露しつつも、日本の学校教育を通して、またこの日本社会の中で、そもそも多くの先入観を持たされており、それらを破るためにも活動に取り組んでいくという苦しくも力強い心境を、
辛鐘建くんは、「在特会」にも言及しながら、国・地方の行政ひいては日本社会に共通する偏見の存在の指摘を、
それぞれ、たどたどしくも感情たっぷりに語ってくれた。全員がしっかり時間オーバーだったそうな。(笑)

日朝友好学生の会@京都のもう一人の共同代表・柳侑子(りゅう・ゆじゃ)による〆のあいさつも、聞き手に迫りくるものがあった。声を上げども声を上げども響かない日本社会を嘆きながら、無関心が一番怖いと言い、差別を許している日本社会を厳しく問うその言葉は、その場に集っている参加者さえもが問われているようで、問題が長期化する中での私たちの姿勢を引き締めなおしてくれるようだった。


金尚均氏から侑子の挨拶まで全てが時間オーバーだったようで、18:30に開始して20:10に終了する予定が、実際に終了したのは21:00! でも、長い分中身も詰まっていて、とてもよかった。
参加されたみなさんはお疲れ様でしたm(_ _)m

この逼迫した状況の中で、「ケパリの会」も実効的な活動をしていけたらいいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。