プロフィール

<ケパリの会>

Author:ケパリの会
お問いあわせ:
hakkyo424★gmail.com
(★を@に変えてください)

~立ち上げ趣旨文~
1910年の「韓国併合」から100年。
歴史との向き合い方をふりかえり見つめなおすという意味で節目の年となりえたはずの2010年は、わたしたちの期待とはまったく異なる意味で歴史に残る1年となりました。

2010年4月より、日本政府は「全ての意志ある高校生等が、安心して勉学に打ち込める社会をつくるため」、高等学校における授業料の全額または一部を「国の費用」から支給する制度(「高校無償化」制度)を発足させました。
この制度では、各種学校として設置されている外国人学校も「高校無償化」の適用対象となっており、当初は朝鮮学校もその対象に含まれていました。しかし、外交問題を理由に、突如朝鮮学校は「無償化」制度の適用から除外され、こうした状況は2011年3月現在も依然として続いています。さらには、いくつかの地方自治体では、これを機に朝鮮学校への助成金が停止されるという事態まで起こっています。

 日本には約70校の朝鮮学校が存在しています。朝鮮学校は、植民地期に日本に渡ってきた朝鮮人の子どもたちが民族の言葉や文化、歴史を学ぶ民族教育の場として発展してきました。現在も、朝鮮半島にルーツを持つ多くの子どもたちが朝鮮学校に通っています。しかし、日本政府は一貫してその存在意義を認めてはおらず、朝鮮学校に対して国庫からの補助を行っていません。在日朝鮮人も日本人と同様に納税の義務を負っているにもかかわらずです。また、地方自治体レベルでは朝鮮学校への助成を行うところもありますが、その金額は日本の公立・私立学校と比べると低い水準にあります。このため朝鮮学校の運営者や教職員、保護者の経済的負担は大きいものになっています。

 朝鮮学校に対する差別は、政策レベルにとどまりません。京都市では排外主義を掲げた「市民の会」と銘打つ団体の人々等が、子どもたちが学ぶ朝鮮学校を襲撃し、罵声を浴びせるという事件が起こっています。このような事態の根本には、日本社会の朝鮮学校に対する無知や無理解、無関心があると考えられます。

わたしたちは、このような日本社会の現状をよりよいものへと変えていくために、京都の朝鮮学校を支援するネットワーク「ケパリの会」を立ち上げました。「自分たちが情報発信や意見交換の場をつくりだしていくことで、日本社会にある朝鮮学校をとりまく偏見や差別を少しでも取りのぞいていきたい」。こうした思いを共有する多様なアイデンティティやルーツ、所属、社会的立場の人びとがこの会に集まっています。
「ケパリ」というのは、醤油漬けされたエゴマの葉のこと。食卓によく登場する朝鮮の家庭料理です。わたしたちは、朝鮮学校を支える人びとのネットワークを、たとえばこの「ケパリ」のように、身近で親しみやすいものとして広げていくことを目的に活動しています。

本の紹介

ケパリの呟き

カテゴリ

リンク

訪問者数

最新記事

最新トラックバック

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東アジアユースキャンプのお知らせ

Category : 未分類
8月に入るとワクワクしはじめる、よんりなです。

皆さん、今夏はいかがお過ごしですかー??

ブログ読者のなかには、学生の方もたくさんおられるはず!

まだ、夏の予定はたてられてないよー。

という方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたに、東アジアユースキャンプをおススメしちゃいます!!

日本社会で生活するなかで、様々なところで差別や偏見に出くわしませんか?

そうした視線をうける側だったり、むける側だったり。

「ん?」って思っても、なかなか解消するきっかけがないことが多いと思います。

東アジアユースキャンプは「顔を見て、話す」という行為を通して、
互いのそうしたわだかまりを解消していこうというキャンプです!

ぜひ、多くの方にご参加していただければと思います。

~以下、転送大歓迎~

★東アジアユースキャンプ★
~会おう!顔をみて話そう!~

東アジアユースキャンプを通して…
現在、私達の周りでは、テレビ、インターネットなどにより様々な情報が飛びかっています。
しかし、その中で日本の隣国である、中国、朝鮮民主主義人民共和国などに対しては、
決して友好的でない情報、考え方が多く存在します。
 そこでこのような情報社会の中、私達は原点に返り、実際会ってみることが必要でないかと考えました。
画面を通してでなく、実際に目で見て話し合って、交流することでわかることがあるはずです。
キャンプを通して、たがいに語り合い、共に考え、つながりを深めていきましょう!どんな方でもぜひ参加してください!

■場所
豊中市立青少年自然の家 わっぱる
〒563-0301 大阪府豊能郡能勢町宿野151-68

■スケジュール
8月26日(金)  オリエンテーション・貿易ゲーム、キャンプファイアー
27日(土) 分科会・スポーツ大会、バーベキュー
28日(日) 感想会 (12時終了予定)

■参加申し込み
下記の①~⑥までを記入し youthcamp@hotmail.co.jp  まで送信ください。

①名前(ふりがな併記) ②年齢 ③性別 
④国籍(自分がアイデンティティを持つ国・地域、複数可) ⑤連絡先 ⑥所属(学校など)
○参加費  8000円(宿泊費・食費・活動費込み)
※会場までの交通費は各自負担

■主催 東アジアユースキャンプ実行委員会

○問い合わせ E-mail youthcamp@hotmail.co.jp  電話 090-2014-7401(代表:山橋)

□分科会…現在の日本の現状と中国、朝鮮半島に関する事柄について話し合います。

□貿易ゲーム…簡単に言うと南北問題について考えるゲームです。
       気楽に楽しめるゲームなのでここで親交を深めましょう♪

その他にも、キャンプファイアーやバーベキューで交流を深めましょう!

☆東アジアユースキャンプ 実行委員!!!大募集☆
少しでも興味があるという方は youthcamp@hotmail.co.jp までご連絡ください。

スポンサーサイト

ダーバン会議10周年記念企画 「ダーバン会議と植民地問題 - その歴史的意義と展望」

Category : 未分類
6月25日に同志社大学で以下のようなシンポジウムが開催されるようです。

日本の排外主義を考えるうえで、重要な視点を得られるのではないでしょうか?

講師陣もかなり豪華です!

貴重な機会ですので、お時間ある方はぜひご参加くださいませ!


(以下転送歓迎)

==========================
 ダーバン会議10周年記念企画
 ピエール・サネ氏講演会+パネルディスカッション

  「ダーバン会議と植民地問題
         - その歴史的意義と展望」
==========================

日時:6月25日(土)午後2時~5時
場所:同志社大学今出川キャンパス・寧静館5階会議室
 京都地下鉄烏丸線・今出川駅下車、徒歩3分
 キャンパスマップ: http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_campus.html

【趣旨】

 ダーバン会議とは、2001年に南アフリカのダーバンで開催された国連主催の第3回「人種主義、人種差別、排外主義、および関連する不寛容に反対する世界会議」の通称です。ここでは、とくにカリブ・アフリカ諸国の代表が欧米諸国に対して、過去の黒人奴隷制と奴隷貿易、および植民地支配への謝罪と賠償を求めたことで、注目されました。今年はそれから10周年にあたり、9月にはニューヨークで「ダーバンIII」とよばれる会議も企画されています。

 今回、ユネスコ側の代表(当時)としてダーバン会議を主催したピエール・サネ氏(※)を囲み、
その歴史的意義と展望について考えます。まず基調講演として、サネ氏から、黒人奴隷制や植民地支配に対する謝罪や補償要求が提起されるようになった過程や、その後の状況について話していただきます。
それに続く第2セッションでは、日本の植民地支配責任・戦争責任の問題に取り組んできた識者を交えて、
パネル・ディスカッションを行います。特に、ダーバン会議に関わる日本でのNGO・運動諸団体の取り組み、
日本軍「慰安婦」問題の解決を求める運動の経験、日韓交渉・日朝交渉の歴史と現状といった観点から議論を深めます。

 東アジアでの「過去の克服」の取り組みと、世界的な広がりを見せている「植民地責任」論とをつなげて考えていく場としたいと考えています。研究者や学生のみならず、歴史問題、戦後補償問題、人種主義の問題などに関心をもつ方々に広く参加を呼びかけます。

※講演者プロフィール
ピエール・サネ(Pierre Sane)
 現在、同志社大学グローバル・スタディーズ研究科・特別招聘客員教授。
 セネガル生まれ。1992年から2001年まで、アムネスティ・インターナショナル国際事務局・事務局長。
2001年から2010年まで、ユネスコ人文社会科学局事務局長補。

【プログラム】

セッション1――基調講演
 ピエール・サネ「ダーバン会議から十年、その歴史的な意義と展望」

セッション2――パネル・ディスカッション
 パネリスト
 ・前田朗(東京造形大学)
 ・金富子(東京外国語大学)
 ・太田修(同志社大学)
 モデレーター:板垣竜太(同志社大学)

※セッション1では講演原稿の日本語全訳、セッション2では日本語の通訳をつけます。



=========================
主催:同志社大学グローバル・スタディーズ研究科
    http://global-studies.doshisha.ac.jp/
共催:同志社コリア研究センター(DOCKS)
    http://do-cks.net/
問い合わせ先:同志社大学グローバル・スタディーズ研究科
 e-mail: ji-gs[at]mail.doshisha.ac.jp
 電話: 075-251-3930
=========================

京都朝鮮第一初級学校襲撃事件裁判

Category : 未分類
 こんにちは。もう4月も中盤に差し掛かり新たな生活を始めた方も多いかと思います。そんな時期になってなんですが、今年の2月15日に開かれた在日特権を許さない市民の会(以下、「在特会」)らによる京都朝鮮第一初級学校襲撃事件の裁判(民事)を傍聴してきましたので、報告したいと思います。
 2009年12月4日、在特会らは「後援の不法占拠に抗議する」と称して、京都朝鮮第一初級学校前に訪れ、朝礼台、サッカーゴールの移動、朝鮮学校のスピーカーの配線切断等の実力行使に加え、拡声器を用いて「北朝鮮のスパイ養成機関、朝鮮学校を日本から叩き出せ!」「スパイのこども!」「キムチくさい」といった醜い言葉による「ヘイトスピーチ」を浴びせていきました。
 今回の裁判は、朝鮮学校が在特会、襲撃メンバーらに対して、それらの行動(と、その後も行われた街宣活動)によって朝鮮学校が被った精神的・物質的損害の賠償を求めるものです。
このときは、学校側がいわゆる「ヘイトスピーチ」の違法性や、それによる被害の重大性を主張することが主だったと思います。
 そして被告側はそれに対し、上のように「ヘイトスピーチ」と称された表現も、あくまで「表現の自由」として保護されるべきだとして、反論していました。
 常識的に考えてどちらの言い分が正しいのかは、明らかだと思いますが、その後の報告集会でのお話によれば、この裁判は単に学校が被った損害を回復するという意義にとどまらず、人種差別の不当性、民族教育の権利性を明らかにする意義がある-「世界史的な意義をもった裁判である」とのことでした。
 そうです。この事件は単に学校の前で団体が大声で騒ぎ出して迷惑をかけたという話ではありません。日本では人種差別的表現は規制がありませんし、無償化問題、補助金停止問題からもわかるように民族教育は「権利」としてすら認識されていません。被告たちのわめき散らした表現がどのような性質の内容で、どのような権利を侵害したのか、しっかりと明らかにされなければいけません。その中で、人種差別的表現がいかに許されないものであるか、民族教育の権利がいかに重要なものであるか(それ以前に、民族教育が「権利」として存在すること)が立証されることは、朝鮮学校の民族教育、ひいては在日朝鮮人の歴史において、大きな出来事として記されることでしょう。
 次の期日は4月19日11時(10時集合)からです。平日ですが、傍聴にいけるかたはぜひ押し寄せて、裁判官にもこの裁判の意義をアピールし続けましょう。それが私たちにまずできることだと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。